スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

ドライバーで飛距離を出すのはゴルフをやられている方なら誰しも望むことと思います(^O^)

そして、

飛んで、曲がらない

 

これが理想ですよね!!

しかしながら、飛んで曲がらないというのは非常に難しい。

プロゴルファーでも悩んでいると思います。

 

まずは、飛ばすのに必要な要素を考えてみます!

ドライバーで飛ばすには?

ドライバーの特徴は他のクラブと違って軽いです。

よって、スイングスピードも速くなり、速くなるとコントロールも難しくなります。

そして、『当たらないと飛ばない、大事なティショット』

という先入観も絡み、

当てに行く

という現象に陥ります。

これがまずい。

理想的なスイングはトップポジションから徐々にヘッドが加速していきボールを捕らえる

ということ。

当てに行くスイングだと、ボールを叩く前に最加速点が来てしまいます。

よって、いかにスイングスピードを落とさずにボールを捕らえるか?

1.スイングアークをイメージする

一連のスイングの流れを素振りにて確認する。

あくまでもスイングアークの中にボールがあること

2.リストのコックをほどかない

アーリーリリースになるとヘッドが減速してしまいます。

ギリギリまでコックは粘ってみましょう。

3.体重移動を効率的に使いましょう

プロとアマチュアのスイング時の荷重量を比較した研究があります。

アマチュアは左右の体重移動が少ないようです。

プロは最大右足荷重から一気に左足荷重へと移し体重移動を効率的に使い、力の伝導を促しているようです!

 

どこの力が必要か?

少しマニアックですが、細かく筋肉の名前を上げていきます。

これらの筋肉を鍛えるとともに、使うタイミングが重要です。

筋肉をつけてもタイミング良く使えなければ宝の持ち腐れです。

上肢 大胸筋 広背筋
前鋸筋 三角筋後部繊維
上腕二頭筋 棘下筋
円回内筋 菱形筋
浅指屈筋 長橈側手根伸筋
深指屈筋 短橈側手根伸筋
橈側手根屈筋 腕橈骨筋
総指伸筋
尺側手根屈筋
小指屈筋
体幹 外腹斜筋 内腹斜筋
多裂筋
脊柱起立筋
下肢 大殿筋 大殿筋
中殿筋 中殿筋
長内転筋 腓腹筋
半腱様筋 大腿四頭筋
長母趾屈筋 後脛骨筋
ヒラメ筋

実際に使用している筋肉はもっと多いですが、

選択的に鍛えていくにはこれらの筋をトレーニングしていくのが効率的でしょう(^O^)

 

トレーニング方法は?

下半身、上半身、体幹とトレーニングを分けることも大切ですし、

スイングのなかで鍛えることも大切です。

下半身トレーニング

・メディシンボールを真上に投げる

・スクワット

・スクワットランジ(フォワード・サイド)

上半身トレーニング

・ゴムバンドトレーニング

総合トレーニング

・バッドなどの重量のある物をゆっくり大きく振る

などです。

一番効率的なものは、この中でもバッドなどの重量のある物をゆっくり振ることでしょう。

大きい筋肉が鍛えられます(^O^)

オススメは

バット素振り20回×3セット

そのあとに

ドライバースイング10回×3セット

重たいバット素振りのあと、下半身をどっしり構えて軽いドライバースイングが安定してくると

実際のスイングに結びつきます!

管理人青木はバットスイング練習、ゴムチューブ練習を日々実践しています!

まだまだ未熟ですが、さらに動画アップしていきます!!
オススメトレーニング道具
トレーニング道具

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017