スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人の青木です(^O^)

 

ハンドファーストでボールをつかまえることができると

アイアンは番手ごとの飛距離がしっかりと再現でき、スピンの効いた球筋となります!

しかしながら、ハンドファーストになっているかの確認方法はなかなか難しいものです。

練習器具としては

ツアーストライカー

という商品で練習していくと少しずつハンドファーストが習得できます!

 

先日、道具を購入しなくとも確認できる方法を発見しました(^O^)

 

それは、

 

わざとリーディングウェッジで赤道面に当てることです!

トップをわざと打つんですね(^O^)

そうするとどういう球筋になるのか

イメージ図

ハンドファースト、ハンドレイト

イメージですね、

ハンドファーストですと、リーディングウェッジが上方から入るため

バックスピンが効いて、低くボールが出ていきます。

しかし、

ハンドレイトですと、リーディングウェッジが下方から入るために

トップスピンが効き急速にドロップします!

 

ちょっとした確認方法ですので、一度試してみてください(^O^)

 

さらに、

スピンの効いたバックスピンをかけるにはリーディングウェッジを赤道下に入れるようにすると

キレイにスピンがかかります!

いろんな球筋を打ちながらスイングの特徴を掴みましょう!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017