スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

青木は相変わらず飛ばしにこだわっていますが

左の壁を意識するのは


飛んで曲がらない

 

というボールを打つのに非常に重要な観点です!

その方法とは・・。

方法はいたって簡単なのです。

左に壁を用意する

のみ!!

左に壁があれば膝が流れることもありません!それ以上いきませんから(^-^)

 

また、

左第5趾(小指)を壁に付けることでダウンスイングの際に壁からの圧を感じることができます!

実際のスイングの時はこの方向から圧(反力)は受けませんが、

繰り返しスイングしていると、膝が安定してくるのがわかると思います!

 

ヘッドスピードのロスをなくすためには、

グリップスピードが最大加速する必要があるので、

インパクト直前での下半身のブレはグリップスピードの加速を妨げてしまいます!!

さらにこの練習では

右肩が下がるのを予防できます!

 

右肩が下がることがもたらすデメリットはたくさんありますよね・・・

・ダフる

・ロフト角が増える

・スピン量が増える

・スライス回転となる

とくに最近のドライバーではアッパーで振るより

レベルスイングで振った方が飛距離がでるように工夫されています!

 

筋トレをして体幹や上肢が速く振れるようになってきた方は、

下半身のトレーニングも組み合わせることで、効率よくスイングスピードを上げられます!!

練習方法

壁に穴をあけないように気をつけてくださいね!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017