スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

 

最近いいイメージでのスイングができることが増えてきたので、その変化の秘訣を考えてみました!

ズバリ!!

 
両足の荷重配分を意識することです!
よく、右:左=5:5とか6:4とかありますよね?!
 

目標を見始めたとき、
テイクバックをするとき、
ダウンスイングをするとき、
 
この荷重配分を意識することで、極端な左右へのちらつきが減ってきました(^-^)

どういうことか?

例えば、
右足荷重でテイクバックをしていくことが多いと思いますが、
そのまま右足荷重で打つと、十分な体重移動ができず体重が右下肢に残りますから、

まず、ボールに対して体幹が右に傾くことになります。
そのままダフることもあるでしょうし、

フェース面も上方を向きます。
そうすると、スピン量が増えますよね!

これではボールを飛ばすことはできませんし、スライスの原因にもなります。

逆に、ダウンスイングの時に左下肢に突っ込み過ぎると
手が前方にでて、シャンク
軌道を変えられないため、ギリギリで手打ちとしてしまう
ダウンスイングのアークが大きく、
インパクト~フォローが小さくなってしまい、キレイに振り切れません!

これらも飛距離を大きくロスする原因となります(>_<)

どんな効果が期待できるか?

やっぱりスイングが安定するということです。

左右への荷重のばらつきが減りますので、
極端なボールのちらばりが減りますし、
同じスイング軌道で打てますので、スピン量のばらつきも減ります。

とくに青木はドライバーティーショットの安定性が変わりました。
大怪我がなくなってきたんです!

地面と接している唯一の部位で、
この足の微妙な位置や使い方でかなり膝、股関節、体幹、頚部、上肢
などの上の関節への動きに影響がでます!

その代わりに、この下肢の使い方を意識して安定してくるようになると
面白いようにショットに安定性が出てくるのも確かです(^-^)

どうやって練習するか?

オススメの練習方法は、

重たい物を振る
です!!

極端に重たすぎるのもからだを痛めてしまいますから、
ご自分のゆっくり振れる重さで大きくすぶりをしてみましょう!

青木はキャディバックに木製のマスコットバットに500gの重りをつけたのを入れています!
総量は1.5kgくらいです!

素早く振るのではなく、
あくまで同じリズムで、下肢の荷重配分を感じながらです。
 
そのほかに鉄パイプも入れています。

これはホームセンターで購入したもので、
500gでドライバーより少し長めです。

遠心力が働きますので、かなり下肢を意識して地面と接しているイメージを持たないと振り切れません!

ゆっくり重たいものを振るのは、からだを使うのに大きい筋肉を動員させてくれますし、
ウォーミングアップにも最適です(^O^)

あまり下肢に意識をされていない方はぜひ両足が地面に吸い付いているようなイメージでのスイングを実践してみてくださいね(^-^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017