スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

雪のない地域ではゴルフは一年中できるのであまり意識することはないと思いますが、

雪の降る地域や寒さからゴルフが一時的に出来ない、という方々も多いと思います。

青木も新潟出身なので、冬の季節にゴルフが出来るというイメージはまったくありませんでした。

陸上部だったので、冬は外で走ることはできず、室内筋力トレーニンやサーキットトレーニングといった内容が多かったのを覚えています。

なかなかトレーニングのイメージがないゴルフにおいて、少しまとめてみました。
これはゴルフにかかわらず、一般的なスポーツにおけるトレーニングにも使えます(^-^)

このNIKEのPVを見ていると選手たちもトレーニングに時間を費やして、シーズン中のからだを維持するように勤めていることがわかります。

トレーニングの基本

オフシーズン

プレシーズン

インシーズン

ポストシーズン

大きく分けるとこの4つとなります。

インシーズンはいわゆる、積極的にゴルフに打ち込む時期ですね!
春~冬が一般的でしょうか?

シーズンが長いので、かなり身体的な調整が難しい、というのも事実です。
どこでからだと心のピーキングを持ってくるか、これはプロであれば考えるところと思います。

ポストシーズンは、試合が終わって次のシーズンに向けて心身ともに積極的に回復に費やす時期です。

長いストレスから解放されるので、楽しいオフを過ごすのが大切かと思います!
自分へのご褒美といいますか(^-^)

オフシーズンは名前からなにもしない時期かと想像できますが、
この時期に筋力トレーニングをしましょう!!

ゴルフは他のスポーツと比べると技術的練習への比率がとても高いのです。

となると、シーズン直前には技術練習に時間を割いていく必要がありますから、筋力トレーニングは実質オフシーズンしかできないのです。

我々アマチュアでも、冬の時期が筋力トレーニングにはもってこいの時期です!
よくゴルフにいっている時期にバリバリの筋力トレーニングをしたこともありましたが、
あまり、いいことありませんでした、笑

というのも、疲労や筋肉痛で上手く振れませんし、
スイングスピードが速くはなりますが、リストを返すタイミングもズレてきますから、
スイングは安定せず、スコアには反映されません。

向こう3ヶ月~を目標にしていく方が賢明だと思います(>_<)
からだを作るというのはそれだけ時間がかかるんです。

プレシーズン
ここで筋力トレーニングの比率を減らし、技術練習を徐々にあげて行きます!

何をするか

ポストシーズン

・レクリエーションなどゴルフとは直接的に関係ないことも(^-^)
個人的に思うのはゴルフは芸術的なスポーツだと感じております、ダーツで細やかな指の動きを意識したり、
ビリヤードなどで戦略性を上げていくなどかなり効果的だと思います!
テニスをすることで下半身と上半身の動きを意識できます。

とにかく楽しむ時期ですね(^O^)
多少の暴飲暴食もOKか?!

オフシーズン

・何に課題をあてるか
どうしたいかです!
飛距離を伸ばしたい、下半身を安定させたい、柔軟性をだしたい
などさまざまですが、
多くの方は、飛距離を伸ばしてスコアを伸ばしたい
というが目標になると思います!

飛距離アップ
が目標となると、こちらの記事もご覧下さい。

ドライバー飛距離アップ|どうしても300Y飛ばしたい方へ

飛距離アップに必要なクラブの知識とボール選び

必要な要素

下半身強化

体幹強化

上半身強化

大きく分けると3つとなりますが、どういうスイングをしたいかで優先順位が変わります!

トレーニング

こちらに項目ごとのトレーニングを随時更新しています!

プレシーズン

練習場の回数を増やして、筋力トレーニングの頻度を減らしていきます。

さきほどの筋力トレーニングは直接関係のないパーツの練習もしていきますが、

プレシーズンでは実際の動きに即した運動を優先的にやります!

例えば、重たいバットを振るなどです。

運動に特異的な練習をします(^O^)

インシーズン

いいスコア目指して頑張りましょう!

筋肉はシーズン中には徐々に減ると思われますので、週に1回ほど、筋力トレーニングは入れたいところです(>_<)

 

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017