スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

実家(新潟)から戻ってきて、久しぶりに練習にいってきました!

2週間ぶりにクラブを握りましたが、まぁ当たりませんね・・・・

びっくりするくらい、感覚を忘れています!

 

他のスポーツと違うのは、繊細な技術を要求されるので

少しでも練習をしないと、あたらない現象になるのも理解しやすいですよね(^-^)

 

そこで思い切って打ち放題にし、2時間振り続けていました!

 

2015年冬

春はもうすぐです!

3月の暖かい時期に春コンペなどあるならば、今頑張って、

あれ、昨年より飛距離伸びてない!?

とびっくりさせてしまいましょう!

さ!どうするか、

当てにいかない

やっぱり当てにいってはいけません。

飛距離アップには振り切る勇気が必要なのです!

 

打っていて感じるのは、どうしてもスイングスピードを調節しながら当てに行くということです。

心境としては

「あたれー!真っ直ぐいけー!」

という気持ちですね(^-^)

しかし、スイングスピードを下げるため、もちろん飛距離は落ちます。

さらに、コースではフェアウェイにおきたいから尚更慎重になってしまいますよね(>_<)

これが悪循環。

 

 

そもそも、スイングスピードを下げれば当たるというのも、そんな理屈はないと思いませんか!?

『よく雑誌でも振り切った方が、真っ直ぐいく』

などと見かけます!

青木はその通りだと思います。

人間の動きは大脳運動野、運動前野などで動きを作り出しますが、

最終的に小脳や脊髄の反射レベルで細やかなコントロールをしています!

どういうことかというと、

『動き出したら止まらない』

止めようがないし、コントロールも難しい

ということです!

そのため、

最初からイメージしきった動きをやり遂げる

これにつきる!

ゆっくり振るならそのイメージでからだに染み込ませる必要があるわけですから、

そのスイングスピードで練習し、からだに刷り込ませる必要があるのですね(^-^)

練習してないスイングは出来ないんです。

 

ということで、振り切るように最初から練習しましょう!!(^O^)

久しぶりだったもので、

フルスイングすると、まぁ当たりませんが、これを2時間も続けていると

切り返しのタイミング

力の入れるタイミング

リストを返すタイミング

フォーローの位置

なんかが研ぎ澄まされているのを身を持って体験します!

 

体力と相談しながらやってみてください(^-^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017