スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

先日のゴルフクリニックのご紹介です!

 

 

ゴルフワークショップの方ではラウンド、練習前にできるストレッチ、ワンポイントエクササイズをメインに行いますが、クリニックではコンセプトが違います!

 

ゴルフクリニックではトレーニングを交えて、

飛距離を伸ばす!安定性を向上する!

をコンセプトに開催しています(^-^)

 

 

今回参加された方はトレーナーをされている方であります!

お許しがいただけたので、ご紹介させていただきます(^-^)

 

お悩みは

 

スライス、一定しないスイング

 

ということです。

 

スイング確認です!

 

トレーナーをしているので、からだの使い方やスイングはとても綺麗で、

ヘッドスピードもとても速いです!!

SW 34.5m/s!!

(ボールはなしです)

 

スイングを観察していると

 

テイクバックは体幹が安定し、重心移動もばっちりでした!

 

トップからダウンスイングにかけてですが、

左前足部への荷重が少ない+タイミングがすこし遅い

という特徴がありました(^-^)

そのため、腰が左回旋を止められず(左の壁が作れず)、リストターンが遅れていました!

 

これを修正するための練習をまずひとつ

 

簡単トレーニング| 左右の壁の作り方(^-^)

その後の動画

これだけでかなり改善。

本人様の感覚もかなり改善!

 

ダウンスイングの時の左足荷重を感じとれるようになり、

フィニッシュでもぴたっと止まれると

 

さらに、

荷重計でみっちりと視覚を用いて確認。

トップからダウンスイングでの左足荷重をなんども繰り返し確認されています。

 

なかなか、左足荷重でインパクトを迎えられない方が多いです。

しっかり左足荷重ができないと

 

すくい打ち

ダフリ

ひっかけ

右肩損傷

右肘損傷

左手首損傷

 

などなど負の要素しかありません。

 

左足荷重でインパクトができると、ロフトが立ってインパクトとなるため、

低いボールでしっかりとスピンが効きますね!

さらに、飛距離は増します。

 

関節に無理のない動きなので、からだを痛めることもありません。

 

そして、練習すること1時間!!

とっても安定したスイングとなりました!(^-^)

HSはなんと!

36.7m/s
(ボールはなしです)
いや、速くなりすぎです(>_<)!

 

からだを分節的に利用し、

しっかりと左前足部荷重を促し、上手く2重振り子の原理を用いた結果でしょうか(^-^)

 

 

大変満足いただきました!!

 

 

ゴルフクリニックでは

スイングをしていただき、

その方に合ったスイング方法とトレーニング方法をお伝えし、

上手なからだの使い方を練習していきます!

 

さっそく練習場に行かれたとのことで、

ばっちりスイングと球筋が安定したとのご報告をいただきました(^O^)!

 

以下、いただいたコメントです。

スイングから評価からエクササイズを選択してスイングの動きを変化させていく流れを体験出来たことは勉強になりました。

トレーナーを行っていると体の機能からスイングを考えてしまいがちですが、スイングから体のことを考える逆の流れも大切だとういうことを再認識させて頂くことが出来ました。

実際にボールを打ちに行ってみましたが、フィッシュで左脚にしっかりと乗ることが出来ていてグラつくことがなかったです。

アイアンはいい感じでしたが、ドライバーは合わなかった。

とのことです!

ドライバーはクラブが長いため、リストターンのタイミングを早める必要があり、クラブが軽いためトップからの切り返しが早くなりすぎている可能性があります(^-^)

今度一緒にゴルフをする予定です!
追ってご報告いたします!

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017