スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

春めいてきまして、練習場もラウンドも非常に心地よいものとなってきましたね!

からだも温まりやすいので、からだも自然と周り

飛距離も伸びてきましたでしょうか?!

 

今回は

左肩をしっかり回す意識で飛距離をもっと伸ばそう!

ということです(^-^)

 

テイクバックで右重心となり

左足部でしっかり荷重をかけることは必須なのですが、

いかに、左手のコックを保ったまま左肩を回せるか

このあたりを意識するとアイアン飛距離でも平気で10yくらい変わります。

 

トレーニングなしでですよ?

その場で10球も打てばすぐ変わります!

ヘッドスピードが若干上がるのもそうなのですが、

ロフトが立ってハンドファーストで打てるのが大きな理由と考えています。

高い打ち出し角でバシっと飛んでいきます(^O^)

左肩

肩甲骨周囲

左肩~肩甲骨にある筋肉

・僧帽筋

前鋸筋

菱形筋

・肩甲挙筋

三角筋

・棘下筋

・棘上筋

大円筋

・小円筋

広背筋

・上腕二頭筋

・上腕三頭筋

・・・・・・

挙げるときりがなくなってしまいますが、

この赤文字たちの役割は非常に重要です!

 

この筋のテンションを感じながら打てれば、ばっちりです(^O^)

 

さらに、

肩甲骨引く

ダウンスイング~インパクトにかけて

ちょっとだけ、左肩を引きます!

しなったシャフトがここでアジャストするんですね(^O^)

右プッシュアウトが出る方はすこし調整してみてくださいね!

 

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017