スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

だいぶ暖かくなってきて、

ゴルフにいい時期となってきましたね!

 

今回は、

飛距離アップに欠かせない

からだの回旋を増やすトレーニング方法です!

 

以前、四つ這いでからだの回旋をだす練習を紹介しました。

ゴルフ飛距離アップトレーニング|脊柱の可動域をあげる!

今回は座ってできる方法となります。

 

からだの回旋が少ないとどうなるか?

top
からだの回旋(胸椎)が少ないため、
腕を余計にあげようとします。

高いトップをつくろうとするため、
肘も曲がってきます。

すると、
ダウンスイング時にアウトサイドイン軌道となり、

カット軌道のため、ボールにはスライス回転

風に弱く、
ボールがふけて、
飛距離が落ちます。

トレーニング方法

まずは、原因となることが多い
胸椎の回旋

を出すことです!

strech
左手をまっすぐできるだけ遠くに伸ばします。
この手でクラブの柄をもって押し出すようにしても良いです(^-^)

回数:10回

コツ:息を吐きながら、股関節を閉めるようにしっかり押します!

胸椎の回旋がでるため、
同じトップを作るにしても、
非常に楽になります!!
十分な筋肉や組織の伸張が起こるため
捻ったからだを戻すイメージだけで十分ヘッドスピードもでます(^O^)
十分な回旋と再現性が確保できたら、
筋力トレーニングに進みます!

まずは怪我しない
効率の良いからだ作りからですね!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017