スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

石川遼選手
選手帰国後、ツアー初参戦で今シーズン初優勝を飾りました!
そんな石川選手が愛用しているドライバーがキャロウェイの新クラブ『BIG BERTHA ALPHA 816 ダブルダイヤモンド』
なんと!!シャフト重量『Tour AD DI』の90gだそうです。
ありえないですよね・・・

こんな重さを振り回すなんて・・・

そんな石川選手は重たいクラブが飛ぶと言っております。

飛距離をアップするには?

ヘッドスピードが速いこと
ヘッド重量が重いこと

ですので、たしかに石川遼選手のいうような重たいクラブを以前と同じスピードで振り回すことができればおのずと飛距離はアップしますね!

青木も以前より20g重たいクラブを振っていますが、
当初はヘッドスピードが4m/sほど落ちましたが、また以前と同じスピード、それ以上で触れています。

重たいクラブを振る練習は効果的にヘッドスピードが上がるのか?

間違いなく、そう思います。
ひとの素晴らしい能力に慣れというものがあります。
重たいものを振っているとからだがそのクラブを振るに十分な筋力が付いてきます!
さらに、手先でクラブを上げ、下ろすといった動作がなくなりますから手打ちでのミスが圧倒的に減ります。
重たい物質を持ち上げるわけですので、手先のみではあがりませんよね(^-^)

デメリットはあるの?

重たいクラブを振るわけですので、体力を使います。
振り切れないとシャフトがしなりませんから、ヘッドスピードが激減します。

重たいクラブはやっぱり飛ぶ!

スイングが自分のものになるのに十分な時間が必要ではあります。
毎日素振りで1ヶ月、長く見ても3ヶ月くらい。

しかしながら、打球を打った時の打感や音は今までのものとまったく異なります。
とにかく、重たいクラブで振り切れるようにしましょうね!!

素振り練習用の最適グッズ
アシンメトリースティック

石川遼選手の使用クラブ
BIG BERTHA ALPHA 816 ダブルダイヤモンド

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017