スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

今回は、

ズバリ、しなりを感じて飛距離アップ!

です(^-^)

ゴルフは他の競技と違って道具の使い方による飛距離の差が著しいです!

ゴルフクラブには

グリップ
シャフト
ヘッド

とこのあたりが基本ではありますが、

その中でも、
シャフトの使い方がなによりも重要であります!

ヘッドも特殊なものが多く出ていますが、
ヘッドは最終的に反発係数が問題となるわけで、
その反発係数は規制によって一定以上はあがらないようになっています。

シャフトの効果

しなり
しなり戻り

です(^-^)

アダムスコット選手のスイングをみてみましょう!

アダムスコット

どれだけ曲がっているのでしょうか・・・(>_<)

そして、このしなり戻りのタイミングでボールを叩く!!

かなりの技術ではあると思いますが、
だからこそ

飛ぶ!!

ということになりますね(^-^)

しなりを感じられる方法とは?

ヘッドネックにに重りをつける

-これは重量があがるのでテイクバック~トップで逆側にしなります。
このタイミングでダウンスイングにかかるとうまくシャフトがしなり戻ります!

 

大きくスイングをする

-小さいスイングアークですと、しなりが起きずに振れてしまいます。
あえて大きなスイングアークで振ってみますと、重みが感じられます(^O^)

 

下半身と体幹を切り返しのタイミングで使う

-ローリー・マキロイ選手が世界一上手いです。
ダウンスイングで一度体が沈み込みます。
インパクトに向け絶妙なタイミングで起きてきますが、
アマチュアが真似をすると伸び上がりやすくい打ちとなりがちです。

この動きができれば!!と思うのですが、かなりのトレーニングが必要かと思います・・・

 

しなりを意識する

-打つ練習をしていると考える要素が多すぎて、何かを忘れてしまいませんか?
しなりを感じることのみに徹することで、かなりしなりを感じられます!

 

しなりをタイミングよく戻す

 

字にすると非常に簡単ですが、再現するには非常に難しい。

しかしながら、
このしなりをコントロールできると
面白いように飛びます。

自分自身のスイング
スピード
タイミング

とシャフトの硬さや調子、バランス

があっているか
をチェックしてもらうのも大切ですよ(^O^)!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017