スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

だんだん寒くなってきましたね!

11月、12月と徐々に着るものも多くなっていきます。

となると体幹の回旋や腕周りの動きは低下します。

テイクバック量がすくなくなるわけですね(>_<)

そうなると切り返しが速くなりすぎたり、

手打ちの状況が増えてきます。

・・・

手打ちになると・・・

 

シャンク

フック

チーピン

すくいうち

とまったくもっていいことがありません!!

寒くなってきて飛距離が落ちてきた、伸びない

という方は

からだの十分な捻転を意識してみてください☆

 

さて、

飛ばすという作業は一朝一夕でできるものではありません。

筋力をつけ、フォームを整え、

ボールも真っ直ぐに飛ばす

ということを考えると

秋であれば、来春を意識して行く必要があります(^-^)!

例えるなら、

水着を夏に着たい人が夏からトレーニングをしても間に合わないということ、です!

(からだを鍛え上げるだけでしたら、1ヶ月もあれば十分ですが、それなりのガッツ(意志)が必要ですね)

 

そんな中、今回は

リスト

です。

意識されたことありますか?

リスト、手首ですね。

よく雑誌などでグリッププレッシャーはどれくらいか、歯磨き粉を握ってみてください!

とありますね(^-^)

しかしながら、最初はゆるゆるだとしても

インパクトの瞬間に緩く握ってる選手はいないと思います。

インパクトの瞬間に緩く握っていると

ヘッドとボールが当たった衝撃に負けるからです。

ボールを打ち抜くには拮抗する力が不可欠であります!!

マキロイ インパクト

 

しかも、プロ選手方の左前腕の筋肉ってむっちむちのぱっちぱちです。

筋が分かれているのがよーくわかります。

右前腕はそれほどでもないわけですから、

いかに左前腕の筋力が重要か!

 

~リバースリストカール~

 

リストを意識しすぎると手打ちになるといったものですが、

いくらボディターンで体幹の回旋で加速させていっても最後に手が追いつかないと

右プッシュ、スライスとなるわけです!

左手も鍛えて一気に振り抜けるスイングをつくりましょう(^-^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017