スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

たくさんショットをしていると
たまにとんでもなく飛んでいくボールありませんか?

ほどよくからだは温まっており
下半身は安定し
腕を振ってもボールが曲がらない状態

まで落とし込める、
とたまにバビューン!!と

ボールを打つ競技は打つ瞬間までヘッドが加速しているのが重要ですが、
その最加速を生み出すのはからだの協調性が非常に大切です!

テニスでも野球でも

ゴルフですと
からだが止まると手だけが走り、チーピンや引っ掛け、フック
など

からだが加速し腕が追いつかなかったり、足でからだの加速を止められないと
スライス、シャンク、カット、テンプラ
など

いかに最高のタイミングでボールとクラブヘッドが接触するか
これが大切ですね(^-^)

とはいってもクラブばかり振っていては手先の動きにもっていかれて
意識が下肢や体幹から離れていってしまう経験があります。

動画のように
からだを大きく使って
頭~お尻(脊柱)の軸を意識した状態であれば
手先に意識を持っていかれることはありません!

ボールが手元にない方は
何も持たずに同じような方法でまったく構いません!

できれば、鏡や動画で軸を確認してください。

そして大切なことは
自分のアドレスの形と一緒

ということです。
アドレスの状態でこのような動きを行うことで
形を頭に刷り込ませる

これが大切なんです(^-^)

それでは動画をご覧下さい

 

飛距離アップのトレーニング方法|体幹と上肢の協調が大切です!

テイクバックはゆっくり
ダウンスイングをすこしずつ速く

をイメージしてください

さらに、
女性と学生さんは
フィニッシュでボールにからだが持っていかれないようにしてみてください!

筋力が弱く、
フィニッシュでからだがぐらつく方も必見です。

確実に安定します(^-^)!

左の下肢と腹斜筋でこの動きを制御するのですが、
ショット軌道の安定性にも関わりますから

ぜひ頑張ってみてください。

回数は10回×3セット

です!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017