スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

本日は『トウダウンなんてなくなってしまえば良い!』です。

 

思い切った内容であります。

 

どうしても最近シャフトがしなってしなってしょうがなく感じるようになったのです。

スイングをする際に、ヘッドが最加速すればよいわけなので、

上肢の余計な動き(リストワーク)を極力少なくしたら

ヘッドが走るようになりました。

もちろんヘッドスピードもあがりました。

しかし、シャフトがしなりすぎてうまくコントロールができなくなり

ドローボールの曲がり幅が増えてしまいました。

おまけにボールのスピン量が増えて、調整が大変です。

 

今回はトウダウンについてなのですが、

みなさんはトウダウンどう感じていますか?

 

トウダウンとは?

スイングによってシャフトがしなることです。

詳しくいうと、スイングを後方からみた場合にソールを構えた位置よりトウが下がる。

 

スチールシャフトやカーボンシャフトは構えている時はしなってはいないのですが、

スイングに入ると、鞭のようにしなります。

 

このトウダウンが厄介で

スイングスピードが速くなるにつれて、トウが下がります。

 

トウダウンとライ角

トウが下がることを意識してみてください。

どうなるでしょう。

トウが下がった状態でボールにインパクトするわけなので、ライ角が増えたことになります。

ライ角がますとどうなるか実験したことありますでしょうか、

 

結果、

ボールのスピン量が増えます。

スピン量が増えるので飛距離が落ちます。

風の影響も受けやすくなり、距離感がさらに狂うことになります。

ちょうどふけったような感じになるわけです。

 

シャフトがしなるのは飛ばしの条件ではありますが、

これは逆しなりが重要なわけで、

トウダウンは自分のスイングのイメージと実際のギアの動きで誤差が生じます。

ただでさえ、ゴルフはシャフトにヘッドがついており、

野球やテニスのようなグリップ延長線でボールを叩けません。

 

このシャフトとヘッドの位置関係にさらにトウダウンが加わっては難しくて当然ですよね。

 

メーカーさん

逆しなりは残したまま

トウダウンを抑える

という技術はないのでしょうか?

すでにあるのであれば知識不足です。申し訳ないです。

シャフトを紹介していただければ、試打をし、

当サイトにてご紹介させていただきたいと思います(^-^)!

 

~トウダウン~

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017