スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

急に寒くなってきましたね。

暖冬から一気に、

しかも寒波ということですから、日本海側の方気をつけてくださいね!

 

今回はフィニッシュから逆にスイングを見ていきましょう!

青木は職業柄、ひとの動きを分析して治療やトレーニングを提供するため

動きを観ることには慣れています。

これはトレーニングをして徐々に慣れていったわけなのですが、

スポーツをするにあたっては、自分の動き、他人の動き

これを観察することは非常に上達の近道であります(^-^)

 

スイングはアドレスからテイクバック、トップ、ダウンスイング、インパクト、フィニッシュとなるます。

スイングは一連の流れですから、

そのスイングは脳からの指令で作られるものなので、

おおよそスイング途中に大胆に変えることはできないのです。

間に合わないんです。

 

そのため、フィニッシュの形を見れば

その途中の軌道は大体わかります☆

 

トップの形や切り返しはそれぞれ特徴がありますが、

プロの選手はフィニッシュがとても綺麗ですよね!

 

両下半身は流れず、その場で留まり

胸椎の回旋が十分にあり

両肩もしっかり回りきり

腕の形もきっちり収まりがいい。

 

なぜか?

 

正確に飛ばすためにはこの形が一番いいからです!

 

ボールをクラブで叩くということは

道具を使って物体に働きかける。

野球のバット、テニスやバドミントンのラケット、剣道の竹刀

などなど

 

各道具を使うには、

一番効率の良い方法があるということです。

 

その最たることろがプロのスイングであるわけです(^-^)

 

フィニッシュからその人がどういうスイングなのかを考える

 

これは一番のトレーニングになります!

 

 

では、

ローリー・マキロイ選手のスイングとその秘密


この類の動画は私はよく観ます。
スイングの解析がされているためとても参考になります。

では、では、

 

マキロイ1

この形、しっかりシャフトをしならせてヘッドをボールにぶつけています。

このフィニッシュの形はプロではよく見ます。

綺麗ですよね!

意外と真似できないのが、左手~肩の形

しっかり体幹を使って、手首を柔らかくスイングしないとこの形にはなりません(>_<)

マキロイ2

スイング逆に戻りまして、

ダウンスイングです。

さっきのフィニッシュにつながるイメージを持てますでしょうか?

この静止画から左の腰が少し回ります。

膝も少し伸びます。

何よりも両肩の回転が加速してきます!

マキロイ3

これがインパクト~フィニッシュ途中です。

どうですか?!

イメージできたような形になっていますか?

 

フィニッシュが綺麗であれば飛距離も出ますし、正確性もあがります。

 

フィニッシュの形をイメージしてスイングの練習をしてみてくださいね(^O^)

 

マキロイ5

綺麗ですね!!

イメージ出来ましたか?

マキロイ4

こうなります!

左肩のタメがここでできていますと、

上記のフィニッシュとなります☆

 

さいごに

マキロイ6

 

背中の筋肉

ボリュームがすごいですよね☆

服の捻じれ

下肢の安定感

むむむ、飛ばないわけがないですよね!!

 

今回はフィニッシュから紐解くスイングでしたっ!

ぜひ、トライしてみてくださいね(^-^)

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017