スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

今日は春一番が吹きました!

 

かなりの雨と風で午前中はゴルフどころではありませんでしたね。

 

青木はちょうど晴れた午後から練習に出かけました。

 

雨は止めど、しかしながら、風は強い・・・

 

とてつもないフォローに後押しされた練習となりました。

 

一般的にはフォローでは飛距離が伸びるものですが、

 

そうではないこともおきます。

 

 

いわゆる、

ドロップ

 

 

風に叩かれる

という感じでしょうか?

なぜ、フォローで飛距離が落ちるのか?

強烈なフォローとなると
後方からの風により、ボールが上がり切る前に落とされたり、
風の速度とボールの速度が一致するため、ボールの揚力が低下してしまいます。

 

主に2種類の原因があります。

1)スピン量が少ない場合

 

最高到達地点前に落下

下降軌道に入った時に落下

2)打ち出し角が低い場合

 

風に後押しされ、ボールと風の速度が一致していまいます。

ボールの揚力が落ちるため

ボールが急に落下します。

 

対処方法は?

高打ち出し角

高スピン量

 

であります!

ふわっと風に乗せてあげるイメージでしょう(^-^)

レベルで振っている方は、ダウンブローで打ってあげたり、

番手を下げてあげると良いでしょう。

ティショット時にあまりにも風が強い時には、

ドライバーであえて打たず、

スプーンで打って上げた方が、風にのり飛距離が伸びる場合もありますね☆

強烈な風には本当に悩まされますが、

自然と向き合うのがゴルフですからね(^-^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017