スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

先日、トレーニングジムにて久しぶりに頑張ってきました!

 

青木は昔からトレーニング自体好きなのですが、なかなか行くのが大変で、

道具を使わない、自重トレーニングがメインでやっています。

 

皆様も忙しくてジムにはなかなか・・・

という方も多いと思います。

 

以前、自重スクワットがゴルフ飛距離アップの良い!

という記事を見かけたことがありますが、

 

やってみて、改めて思うのは、

 

ある程度の抵抗感が必要

 

ということです。

 

自重というのは、自分の体重の限界を超えることはできませんよね。

自重で筋力がアップさせるには、筋肉で血管を圧迫してトレーニングする

いわゆる筋による加圧→血管圧迫(加圧トレーニング)

を理解していないといけません。

 

自重のみで筋力アップするならば、歩いているだけで筋肉モリモリになってしまいますね(>_<)

それも少し困ります。

 

 

さて、下肢筋力をアップする理論として

 

負荷量

頻度

回数

 

を無視することはできません。

 

筋力アップには理論があるのです(^-^)

 

筋力をどう捉えるかによるのですが、

筋肉量をアップさせるには

回数:10回未満(3~7回)

負荷量:上記の回数をこなせる負荷量を設定します。

頻度:3~5セット

休憩:30秒~1分 インターバル

 

自分自身での設定が難しい場合はトレーナーに相談してみましょう!

 

筋肉量をアップさせるにはレッグプレス

 

レッグプレス

見たことありますか?

この機械、レッグプレスといって下肢筋力をつけるためのマシーンです!

 

どこを鍛えるか?

大殿筋

広背筋

脊柱起立筋

ハムストリングス

大腿四頭筋

下腿三頭筋

・・・

トータルでこれだけ一気に鍛えられるのは素晴らしい!!

 

フリーウエイトははっきり言いますと、技能を身に付けるのに時間がかかり、怪我のリスクも多いので

オススメしません。

ある程度、形が決まっている機械を使った方が効率が良いですよ(^-^)

 

 

ちなみに、青木はレッグプレスの機械ですと、約170kgくらいで20回くらいやっています。

職場近くの渋谷区のジムなので、限界が170kgです。これ以上の負荷がないので、回数を多くしています。

しかし理論的には筋量のアップにはつながりません。。。

 

 

スイングへの効果は?

テイクバックで下半身がブレない

ダウンスイングで下半身がブレない

フォロースルーで下半身がブレない

 

とにかく、軸がブレません

 

軸がブレないので、シャフトがしなり、ヘッドの加速を妨げません。

 

すなわち、バカっ飛び!!

します。

レッグプレスは腹筋もかなり鍛えられます。

腹圧を高めないとプッシュできないからです。

そのため、

アドレスをとった時に、体幹も安定します。

 

いいことしかありません(^-^)

ぜひ、トライしてみてくださいね!!

 

 

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017