スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

 

ボアクロージャーとは?

 

Boaテクノロジーアイデアの誕生は、1998年。当時スノーボードブーツが紐であり、よりフィットした、締めやすい方法を模索していたようです。

結果として「Boa®クロージャーシステム」というシステムが開発され、2001年、スノーボードブーツに初めて採用されました。

その後、さまざまなシューズに応用され、ゴルフシューズにも適用され今では店頭でみないことはありません!

 

ボアクロージャーシューズ

本日レンタルしてきたゴルフシューズであります。

サイドにダイアルが付いています。

「カチっ」というまでダイアルを押し、時計回りに「カリカリ」とちょうど良いところまで回します。

脱ぐときは手前に引くだけで良い。

非常にシンプルで使いやすいシューズでした。

 

紐靴との違いとは?

 

履いてみた感想として、メリットしかありません。

 

メリット

  1. 脱ぎ履きが簡単
  2. 紐靴より緩みにくい
  3. 仮に緩んでも締めるまでの時間が手短
  4. まんべんなく締まる

 

青木は2番の紐靴より緩みにくい点が1番気に入っています。

また、まんべんなく締められる点もベストですね(^-^)

紐靴はひとつひとつ締め上げていかねばなりませんので、

簡略化されております。

 

 

靴の見極め方

理学療法士として普段履かれる靴の選び方、ポイントもご一緒に紹介させていただきます☆

 

靴は非常に大切で、唯一地面と接しています。

多少自分自身の骨が歪んでいても、自分にあった靴を履くことで、ストレスを回避させることができます。

そうすることで、痛みや疲労を抑えることが出来るんです!

 

自分にあった靴がない方はインソールといって、中敷を調整することで同じく、ストレスを軽減させられます(^-^)

 

ポイント

  1. 踵の収まりがよいか?
  2. 踏み返しの部分は柔らかいか?
  3. 指先に5mmほどのあそびがあるか?
  4. 土踏まずの支えがあるか?

 

主にこの4点をチェックしてください。

 

1.の踵の収まりは非常に大切です。

踵接地で左右にぶれたり、靴の踵そのものが潰れている方が多すぎます。

衝撃を緩衝する大切なフェーズですので、ここが1番大切

 

2.踏み返しが硬すぎると足が痛くなります。

革靴を履かれる方はよく経験すると思います。

硬い踏み返しは体重を前方へ移動させにくくなるので、外反母趾などを助長します。

 

3.指先が詰まっていると、筋肉が短縮してしまい、正しく使えなくなってしまいます。

足の裏はしっかりひらいた状態でセンサーをしっかり効かせてあげましょう!

 

4.土踏まずの支えがない靴、結構多いです。

ひとの構造的に内側に潰れやすくなっておりますので、下からサポートをしてもらいましょう!

いくら鍛えても限界があります。

しかしながら、高さも重要です。

高すぎると足の裏が痛くなりますので、心地よく感じる程度がベストですよ!

 

ボアクロージャーシステムシューズを探す!

 

靴選び、自分にあったインソールにお悩みの方はお気軽にご相談くださいね(^-^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017