スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

先日ラウンドをしてきました。

 

お相手はよくご一緒させていただいている70歳代の御夫婦でございます。

 

出会いというと

エイジシュートを狙って、練習量を増やしたことで肩を痛めてしまい、

青木が担当し、改善したことがきっかけでした。

 

それからかれこれ、2年のお付き合いとなるのですが、

とてもお上手で、

 

ドライバーで200yくらいなのですが、ボールは曲がりません!

奥様もドライバーで190yくらいです。

球筋もとても綺麗で、ボールの高さも一定です。

 

一打目での飛距離差はありますものの、二打目、三打目で飛距離の差なんで関係なくなってしまいます(^-^)

 

そんなお二人も年々飛距離が落ちているとのことで、ご相談を受けました。

 

年齢とともに低下するもの

  1. 筋力
  2. 神経伝達速度
  3. 組織強度
  4. 骨密度
  5. 関節の柔軟性
  6. スタミナ

筋力は年々低下していきます。

これは20歳を超えるとすでに始まります。そして、60歳を超えることで加速的に低下していきます。

これは仕方のないことであります。トレーニングを意識的に行って筋力の低下を防ぐことが重要です。

 

神経伝達速度、はいわゆる、反射神経が低下します。

人間の動きは脳が指令をだし、筋にが反応することで動きとなります。

伝達速度が低下するので、動きも遅くなるのです。

 

組織の強度も低下します。これは運動することで多少強くなると言われています。

特に抗重力の運動が効果的と言われています。

 

骨密度、こちらも年齢とともに低下しますが、

上記の抗重力の運動で骨は強くなると言われています。

重力に拮抗することで、強度が増すということです。

 

関節の柔軟性、年々からだが硬くなってきていると感じませんか?

筋肉も硬くなりますし、筋膜も硬くなります。

また、靭帯や関節を包んでいる袋も硬くなります。適度なストレッチは改善に効果的であります!

 

スタミナ、

これは青木も実感しております。

スタミナというとざっくりすぎるのですが、

疲労がたまりやすくなります。

疲労を考えると、筋力の低下や心肺機能の低下、栄養の低下や吸収率の低下

また、組織を回復させる機能の低下などさまざまであります。

 

補う方法としては、心肺機能系のトレーニング、筋力向上トレーニング、正しい栄養摂取方法が重要と考えます。

 

見直せそうな4つのポイント

身体機能の低下はなかなか補えないように思えますが、努力でなんとかなるものがあります!

また、自然筋力の低下は工夫によっても補えます!

 

  1. 筋力
  2. 関節の柔軟性
  3. シャフトの種類、柔らかさ、硬さ
  4. アイアン(飛び系)

筋力はいくつになってもしっかりトレーニングすることで、向上することがわかっています。

しかし重要なのは、

 

 

栄養の摂取の仕方であります。

せっかくトレーニングをしたのに、ただしく栄養を摂取しなければ筋肉となりません。

わたしがオススメするのは、【プロテイン】です。

 

こちらは別コンテンツにて作成いたしますので、少々お待ちください。

 

次に、関節の柔軟性

こちらもゆっくりただしくストレッチをすれば、硬くなるのを防ぐばかりか、改善します。

ぜひ、柔らかくしていただきたいのは、

肋骨とお尻の筋肉です。

 

ここが硬いと

 

【腰痛】

 

発症です。

 

次に重要なのは、シャフトです!

 

先の御夫婦に久しぶりにお会いしましたら、

 

青木) あれっ、いつもとシャフトが違いますね?変えられたのですか??

と、今までのシャフトより一段階柔らかくなっておりました。

 

どうやらヘッドスピードが落ちてしまったみたいで、

その分シャフトを柔らかくして、よりしなるようにしてみたようです☆

そのため、飛距離も以前と変わらず、

ボールもまっすぐ飛んでおられました!

 

また、最近ではアイアンの進化も著しく

飛び系アイアンなるものがあります!

わたしの試打ではプロギア egg アイアンが最強です。

飛びすぎです。

普段はミズノ MP-4を使用しております。

6番アイアンは180yほどですが、

プロギアeggアイアンですと、軽々200yは飛びます。

ストロングロフトではありますが、弾道もそこまで低いわけではないので、ボールもしっかり止まる印象です。

 

シャフトを変えれば、飛距離も変わる!

最近ではプロでもアイアンシャフトをカーボンにしていますね。

これは、カーボンの方がボールが高く止まる要素もありますが、

しっかり振らなくてもシャフトがしなってくれるので、ヘッドスピードが速くなりボールが飛ぶのです!

 

ヘッドの進化は反発規制がありますから、そろそろ限界かと思いますが、

シャフトの進化はまだまだあるように思います。

 

一度、リシャフト

 

考えてみるのも良いかと思いますよ(^-^)

 

青木はKUROKAGEに変えようか検討中です!!

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017