スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

マスターズが始まっていますね!

松山選手は2日目終わって、ー1で5位!!

 

素晴らしいですよね☆

頑張って欲しいです!

 

いつものように、スイング動画などを探していましたら、

ありました。

飛距離を出すスイング!

題名を見ていると本当??

と疑ってしまいましたが、

見てみるとびっくりです!!

それでは最初にご覧ください。

 

Long Drive Champがpar4 430yのワンオンを狙う!

クラブスピード:146

ボールスピード:197

スピン量:2150

滞空時間:7.9秒

 

なんでしょうか?この数値は・・・

クラブスピードやボールスピードは単位がわかりませんが、

おそらく、マイルでしょう。

修正いたしますと、

なんと!!

クラブスピード:64.8m/s

ボールスピード:87.5m/s

初めは本当に可能なの?

と思っていましたが、実際にやってのけるあたりが凄すぎます。

ここまですごいと、なんの参考にもならなさそうなのですが、

飛距離を出すスイングには共通していることがあります!

 

テイクバック

ダスティン・ジョンソン選手やジェイミー・サドロウスキー選手のようにそこまで柔らかくはないのですが、
シャフトと地面は平行です。

右下肢はまっすぐで骨盤のみが後方に回っています。
ここは非常に重要です。

ダウンスイング

右下肢で地面を強く蹴り、腰の回転を促しています。
その後、すぐに上半身が追いついてきます。

フィニッシュ

左の下肢が全くブレません。
ヘッドの重みと体が上手く引っ張り合っていて、最大限に遠心力と求心力を使っています!

 

このように見てみると、

実は女子プロであっても、男子プロであっても

このJeff Flagg選手であっても

スイングの基本は皆同じなんですね(^-^)

 

しかしながら、

スピードが異次元に速いんです。

 

これには体幹筋力のみならず、

筋の出力のスピードも大きく関係してきます!

 

パワーをつけるトレーニングの他

素早いスピードトレーニングも必要になってきます!

 

オススメは

LYNX(リンクス) TEACHING PRO アシンメントリースティック マルチタイプ

軽いほうで、ウォーミングアップをしてみてください!

驚く程、速く振れるようになります☆

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017