スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

少しずつ暖かくなり、芝もしっかりしてきましたね。
芝の薄い季節は無理にボールを上げにに行こうとすると、バンスが跳ねて
トップしてしまったりと事故が多かったりしますよね・・・。

しかしながら、グリーン周りこそスコアアップの肝でありますから、

ここを上手くクリアしない手はありません(^-^)

今回は英語の動画なのですが、
わかりやすく、バックスピンをかける方法を見せてくれます!

~バックスピンをかける方法~

フェースの向き

動画では少し開いているのがわかると思います。
フェースを開いて、その上にボールを長く乗せるイメージがベストです!

スタンスの位置

目標に対して、オープンスタンスにしています。
手の向け道を作ってあげるためになります!

ボールの位置

ボールは両下肢のセンターか後ろ側の足にボールを寄せます。
最下点となる前にボールを捉えるイメージです。

スイング方法

手でスイングしてしまうと、不安定となってしまいますので、
ボディターンを意識してみてください!
なるべくリストを使うのではなく、
最後までハンドファーストでボールを押し出すように

ボール

ボールは重要です。
いくら適切なスイングでボールを捉えに行っても
食い込みの良いボールと悪いボールではスピンのかかり具合が全くことなります。
ソフトフィーリングのボールがオススメとなります!

スピン系ボールを探しに行く!|個人的にはダンロップ SRIXON Z-STAR ボールがよく止まる!

サンドウェッジ

いろんなウェッジを使ってスイングしてみましたが、
ウェッジによってもスピン量がかなり変わります。
青木のウェッジははっきりいって、スピンのかかりは弱いです。
同じスイングをして友人のマックダディ2を借りたら、とんでもなくバックスピンがかかりました。

マックダディが断然止まる!

やはり、
技術も大切ですが、
道具も大切です!

ウェッジの試打が出来ると良いのですが・・・。
マックダディは間違いなく、止まります(^-^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017