スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

マスターズも終わり、いよいよ国内男子ゴルフが始まりました!

松山選手の活躍に日本選手も呼応できれば良かったのですが、

今シーズン初大会「東建ホームメイトカップ」優勝はキム・キョンテ選手でした!

おめでとうございます(^-^)

 

今回のメインはキム・キョンテ選手ではなく、

大阪学院大4年の亀代順哉選手です。

この選手は5アンダーで6位入賞となりました。

 

アマチュア選手が上位入賞というのは今までもあったのですが、

今回のこの選手は注目度が違います。

 

注目されている要素とは?

 

ズバリ!!

 

飛距離です!!

 

なんと!!

ドライビングディスタンスが301.25yとのことです!!

 

うーん・・・

プロゴルファーを抑えて堂々の一位。

飛距離ではないといったものでしょうが、飛べば二打目以降が非常に楽になりますよね。

 

順位が物語っています。

 

亀代選手のプロフィール

 

出身地:徳島県

身長:167cm

体重:85kg

学校:大阪学院大学(2016年現在)

 

~亀代順哉スイング~

 

14秒の最初に打っている姿が出ます。

さまざまなプロ選手を見ている青木ですが、

大腿部の太さが異様です。

見た目でいうと、競輪選手のような厚みを感じます。

 

スイングスピードがそれほど早くは見えませんが、

下半身の動きが強いです。

 

股関節~体幹が非常に強い。

 

この身長でこの体重はすべてが筋肉ではありませんね。

しかしながら、体幹をもっと絞り、鍛えることができれば

320yとか普通に飛ばせそうです。

 

もう、これは日本クラスではなくなりますね。

 

亀代順哉くんの今後がとても気になりますね(^-^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017