スポンサードリンク

 

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

梅雨ですね・・・

 

せっかくのゴルフ日和が台無しという方も多いと思います。

 

いつの時代も飛距離を求めることは尽きないと思いますが、

なんといっても筋力アップには時間がかかるものですから、

ちょっとした工夫で飛距離を稼ぎたいものですね(^-^)

 

 

そんなこんなで、今回は

飛距離アップの秘密はフィニッシュを大きく取る!!です。

 

飛距離アップの秘密は左手のリードだ!!

という方もいれば、

いやいや、右手でしょ!

 

という方もいらっしゃいます。

 

両手の同調や体幹

 

下肢

 

とさまざまな要素がありますが、

 

とかく全部正解だと思います!

どれもかけちゃダメです。

 

 

しかしながら、一度に考えると

全くもってゴルフができなくなってしまいます。

 

青木も3つ考えると

1つも残っていないので、

意識するのは、

 

テイクバックの時はその手元の位置

 

ダウンスイング直前は腹筋

 

フィニッシュは大きく

 

とフェーズに分けて

 

1つずつ

 

と割り切っています。

 

 

最後のフィニッシュは大きく

 

これがかなり抽象的ではありますが、

 

 

 

ダウンスイングからフィニッシュまで手元を加速させ続ける!

 

フィニッシュのヘッドの位置を頸部~右腰の中に収める

 

この二つを意識すると

その途中のグリップ・シャフト・ヘッド軌跡は決まってきます!

 

そのため、特に意識しなくても

フィニッシュ自体が大きくなるのです(^-^)

 

しかしながら注意点もあります。

 

 

軸がぶれないこと

 

 

体重移動を大きくしすぎると

ダウンスイングで左下肢が流れてしまい(いわゆるスウェー)

下半身の加速を止められません。

 

下半身の減速→体幹の減速→上肢の減速→シャフト・ヘッドの加速!!

 

となるわけです!

 

そのため、ダウンスイングに入る際の左下肢にも最も注意してくださいね☆

 

この打ち方は体幹と上肢の同調ができますので、

飛距離は確実に今のスイングでも大きく変わると思います。

 

青木はアイアンの各番手10ヤードは変わります。

練習不足でまだロングアイアンは無理ですが・・・。

 

日本人でこの動きが素晴らしいのは

 

松山英樹選手です。

 

フィニッシュ

 

かっこいいですよね(^-^)

 

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017