スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

飛距離を伸ばすためには最大限にシャフトをしならせ、
ヘッドを加速させる必要があります。

これは老若男女関係なくです(^-^)

そのために必要なこと

今回は、グリップに関してです。

まず握り方ですが、

インターロッキング

オーバーラッピング

ベースボールグリップ

とあります。

それぞれメリット・デメリットありますが、
握りやすいのが1番かと思います。

ちなみに青木は
インターロッキングでやっていたのですが、
右小指付け根が引きちぎれそうになってしまったので、
ベースボールグリップに変えました。

安定性

インターロッキング>オーバーラッピング>ベースボールグリップ

飛距離

ベースポールグリップ>オーバーラッピング>インターロッキング

なぜか?

ベースボールグリップはグリップを操作する長さが増えるからです。
イメージとして、
剣道の竹刀

を頭に浮かべてみてください

下の手と上の手の距離がありますよね?

アイスホッケーはどうでしょうか?

同じく、手と手に距離があると思います。

これは片手で押し付け、片手は引き付けること

こうすることで加速を速くさせることができます。

上記の二つは極端ではありますが、
ゴルフでもこの理論は応用できます(^O^)!

その代わり、安定性がかなり落ちますので、
これに関しては練習で補う他ありません・・・

青木は久しぶりに打ちっぱなしに行きました。

なまったからだをたたき起こすには

マンぶりです。

やりすぎて、このような指になってしまったわけですが、

血豆

右手のこの部位でシャフトを押し切れると

ボールとフェースがくっついたような感覚がおきます。

血豆ができるほどスイングするのはオススメしませんが、
この部位でシャフトを加速させ、
ボールを乗せていくイメージ

ぜひ、やってみてくださいね(^O^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017