スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

先日久しぶりにゴルフに行ってきました。

 

前半47

後半46

トータル93

 

バーディー2つ

パー6つ

 

OB5つ

その他もろもろです。

 

最近の月一ゴルフですとなかなか80前半というスコアにはほど遠いです…

 

 

しかしながら、久しぶりにゴルフに行くことで気づくことが多々あります。

 

毎日練習場に行っていたときは、前日の記憶を頼りにスイングをするので、

どうもそのギャップとちがうと一気に崩れたりしていまいます。

 

久しぶりに行くと

なんといいますか、

 

頭がクリアになり、

課題やチェックポイントが見えてきます。

 

イメージと体の不一致は練習していないので仕方ないのですが・・・

 

素振りはしていたので、からだの筋肉が減ったということもほどありませんが、

インパクトでの加速のイメージは全くなかったので、

飛び出していくボールの弾道やスピンなどはバラバラでした。

 

また、筋肉の張り感も異なりますので、

力を入れるタイミングが少しズレます。

 

 

午前中は一通りからだの使い方を修正し

午後からはより飛ぶ方法を模索しておりました。

 

スイングを大きく変えると

ボールの飛んでいく方向もバラバラになってしまいますが、

唯一、ちょこっとだけ意識をするだけで、プラス5ヤードの飛距離を出すことが出来る方法を発見しました!

スイングテンポを変えずに飛距離をあと5ヤード増やす方法!

 

切り返しの瞬間!

この位置で『フッ!!』と息を吐いて、腹筋を締めるのみ!

無題

これはマキロイ選手ですが、この切り返しのタイミングで、息を吐いて見てください!

マキロイ 選手

どうしても、私含めたアマチュアレーヤーは飛ばそうとする意識で背筋を使いがちです。

背筋も使うのですが、タイミングが違います。

ダウンスイングは腹筋です。

腹筋を使ってからだをしめると

背筋が使いやすくなります。

背筋の張力がからだの回転力を高めて、上肢と伝わり、ヘッドが加速します。

 

驚く程、スイングが安定して

フィニッシュもビタっと止まれるはずです!

 

ぜひお試しあれ(^-^)

 

来週は、初の!

青木家ゴルフデーであります。

 

父親(ゴルフ歴30年) VS 私 VS 弟(わたしの昔のクラブを使用し2回目で102というセンスと強烈な体幹を持つ)

を実家にて開催であります!

こちらもご報告できればと思います(^-^)

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017