スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です!!

 

みなさん、見てましたか??とんでもないことがおきましたね!!

2016年の日本女子オープンは烏山城CC二の丸・三の丸で行われ、

アマチュアの17歳畑岡奈紗(茨城・ルネサンス高校3年)が優勝を果たしました!!

国内メジャーでのアマの優勝は史上初となります。

最終日は5位スタートでしたが、順調にスコアを重ねていった結果でしたね☆

 

そんな畑岡選手

スイングみましたか?

 

ドライバーの飛距離がすごいんです。

なんと、渡邉彩香選手よりも飛ばすんですよ!!

 

【渡邉彩香と畑岡奈紗】のドライバースイング

小柄な畑岡選手のスイングは、体幹の回旋速度が非常に速いです。

また、体幹回旋速度が速いため、上肢のスピードも非常に速くなっています。

さらに、体も柔らかくスイングアークが非常に大きく見えます。

 

特にフィニッシュはからだにまとわりつくくらい、振り切っていますし

これだけ振れていれば飛距離も伸びますよね!!

 

見ていて、一番特徴的なのが、

 

左肩甲骨の可動域、やわらかさです。

 

フィニッシュの左肩甲骨の位置を見てみてください。

これだけやわらかい選手はあまりいません。

 

からだのキレがハンパない畑岡選手

今後の成長が楽しみですね!!!

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017