スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

最近急激に寒くなってきましたね。
外が寒いと練習やトレーニングもさぼりがちになってしまうかもしれません。

今回は、最近お問い合わせの多い、

その場でちょこっと意識して飛距離アップをはかる方法です!

ローリー・マキロイ選手と松山英樹選手のスイング


注目していただきたいは、右足です!
アドレスの状態と比較していかがでしょうか?
ほとんど動いていませんよね?
ここが重要なポイントです。

飛距離をアップするにあたっては、
からだの捻転がとても大切になります。
この右足が不安定で、右腰が動くようなことがあると、
捻転可動域は低下し、スイング軌道も不安定となります。
そして、筋肉の伸長率も低下してしまうため、ヘッドスピードがあがりません。

トレーニング方法

どうしてもボールを置いて、スイングをしようとするとからだが突っ込みがちになります。
・アドレス~トップで止める。
・1秒静止してみる
・松山選手のようにトップで静止し、ボールを打ってみる

最後のはかなり難易度が高いと思います。
しかし、このゼロからインパクト~フォローまでできるようになると、次はシャフトのしなりを感じることが容易になりますから、さらなる飛距離アップが期待できます!

また、トップで静止することで、からだの回らなさを感じると思います。

体幹回旋ストレッチが火を噴きますよ!

ではっ!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017