スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

 

待ちに待ったタイガー・ウッズ選手の復帰戦です!!

気になるのは、タイガー選手のスイングであります。

幾度となくけがをし、手術をし

スイング改造に励んできているわけですが、

現在のスイングは今まで以上になめらかで、無駄のないスイングであるといえます。

 

タイガー・ウッズのスイング

お手本にしたい、リストターンです。

tiger2-2

tiger2-1

この時点でコックはほどけておりません。

tiger4-2

コックが緩やかにほどけています。手の甲に注目です。

tiger4-1

手の甲をボールに打ち付ける。このイメージをぜひ使ってみてください!

今大会でもイーグルを量産しているタイガー選手。スイングを改造して飛距離はどのようになったのでしょうか?

 

タイガー・ウッズの飛距離

 

548Yの15Hではドライバー後のセカンドショットが残り199Yであります。
ということは、350Yほど飛んでいるということになりますね。

このゆったりスイングで350Yです。

ナイキがゴルフ事業から撤退することも相まって、現在はM2ドライバーを使用しております。

このM2ドライバーはダスティン・ジョンソン選手も使用しており、やはり飛距離の源なのかもしれません。
M2ドライバー

さて、最終ラウンド、どのようになるのでしょうか??!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017