スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

ルークドナルド選手を参考に管理人青木とのスイングの違いを比較してみました!!

動画をフェイズ毎に区切って見てみると非常に参考になります(^O^)

それではまずは美しいルークドナルド選手のドライバースイング動画から

ルークドナルド選手|ドライバー動画

何度見ても綺麗ですね。

体幹のブレもなく、トップからの切り返しが鋭い印象を受けます。

インパクトでのリストターンからフォローまでも一貫していますね。

アドレス比較

アドレス比較ルーク・ドナルド選手はアドレスをとった状態では手の位置がちょうど顎の下にあります。

青木は少し腿の前に近いです。

上肢水平ライン比較

腕水平比較ルーク・ドナルド選手は右の股関節が開いていませんね!!股関節の内旋を保ったまま、上半身の捻転が起こっています!!

青木は右の股関節が開いています。捻転がほどけてしまっています。

これでは右外腹斜筋の張力がなくなってしまいます。

(この外腹斜筋パワーは300Yに繋がるキーマッスルだと思っています!!)

さらに、体幹の前傾角度はほぼ同じですが、ルーク・ドナルド選手はシャフトが立っています。

一方、青木はシャフトが寝ています。

トップポジション比較

トップ比較ここまで来ると、全くフォームが異なります。

ルーク・ドナルド選手は左上肢が立っています。そして、左手関節が掌屈(手のひらが下を向く動き)でパワーを貯めています。

青木は、左上肢が寝ており、左手関節の掌屈は甘いです。

切り返し比較

ダウンスイング比較ルーク・ドナルド選手はシャフトと左上肢が綺麗な一直線となっています!!理想的ですね(^O^)

一方青木は左上肢が下がり、軌道がズレています。そして、体幹が少しずつ起き上がってきてしまっています。

シャフト水平時比較

シャフト水平ダウン時比較ルーク・ドナルド選手はアドレス時の体幹前傾をキープしながらちょうど顎の下にリストが返ってきました!

青木はアドレス時リストが腿に近かったのに今度は顎より前に出てきました。そして、体幹は起き上がっておりめちゃくちゃです。

手打ちですねヽ(;▽;)ノ

インパクト時比較

インパクト比較
インパクトはなんとなく、似ていますが、トップポジションまで持っていく段階でかなりのズレがありました。

となると、最初のアドレスを構えた段階でフォームのほとんどは決まって来る可能性は多いにあるのではない?!

動き始めたら修正するのはかなり難しいですが、最初のアドレスには時間がかけられます。

しっかりとしたスタンスの確認、手のポジションの確認が重要なのでしょう!!(^O^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017