スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)/

今回は、

最近大注目の

香妻琴乃プロ

 

ドライビングディスタンスが250yを越えていくほどの香妻選手はなぜそんなにもドライバーが飛ぶのか!?

というところに着目していきます!
容姿も綺麗で
小柄なのにドライバーも飛ぶということで大注目中ですよね(^-^)

香妻琴乃プロ|ドライバーショット

~プロフィール~

身長:157cm
体重:51kg

とそこまで大きくはありません。

試合でのアイアンショットを見てみると
7Iで140y~145y くらいです。

そうなると、
アイアンショットの飛距離と比較すると
ドライバーショットの飛距離はかなり飛んでいることになりますね!

どうして飛ぶの?

飛ぶのに重要なこと

ヘッドスピード
ミート率
打ち出し角
スピン量

このあたりが大切で
特にミート率では1.5を超えているようです!
そのため、ヘッドスピードを効率良くボールに伝えられているんですね!(^^)!

そして、重要なのはどのようにヘッドスピードを加速させているかです。

まずは、

テイクバック

これはすごい。
肩甲骨、肩関節がかなり柔らかいです!
クラブヘッドが極端に下がっています。

世界一飛ばす男
ジェイミー・サドロウスキー選手

なども同じような現象が見られます!

肩甲骨や肩関節の可動域が広いので、
筋肉に貯められるパワーも必然的に多くなります!

ただ重要なのが、

常に加速させ続けることです!
途中で減速させてしまうとヘッドスピードは下がってしまいますから、
肩関節周囲の筋はもちろん、体幹や下肢の力が非常に重要です!

そして、

左肩の入れ替え

です。
このタイミングが絶妙です。
下方におろしてきたクラブを
左肩を引くように動かすことでヘッドが一気に最下点から加速してきます。

そのタイミングで

右上肢でボールを押していますね!
そして、フォローは綺麗に両肩のラインが揃ったままフィニッシュ!

動きの無駄な点がないように思えます!

思い切って振りきっている様子を見ていると気持ちいいですよね(^O^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017