スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

今回は、

ドライバー飛距離アップには最後まで肩を開かない
です。

肩を開かない

とはどういうことか。

簡単に言うと、

肩関節を鋭角に保つ

ということです。

飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げることが大切ですが、
この肩を最後まで開かないことで、力を逃がすことなく、ヘッドスピードをあげることができます。
開かないというよりは、締めるといった方がよいかもしれませんね(^^♪

肩を開かないスイングイメージ

44_1

肩を結んだラインと上肢の角度が鋭角です。
33_1

体幹のラインと上肢のラインが鋭角です。
1

1_1

上方からみても鋭角です。

この締まった状態を維持してみましょう!

肩を開かないことで、最後まで広背筋や三角筋の力を使うことができるんです!

プロのスイングはどうなっているのか?

キングオブスイング
ローリー・マキロイ選手のスイングです。
macmac_1

まずこの角度を作りたい!mac_1_1mac_1_2

維持したまま、腰を回したい!mac_1_3mac_1_4mac_1_5mac_1_6

トップで作られた肩の締りを保ったまま、ボールを叩いていますね!!
あきらかに左肩を開かないスイングをしています☆

肩を開かないコツ

肩は締めたまま、下半身や体幹を回す

ことが大切です!!

これが意外と難しい。
締めっぱなしでからだを回すことができてくると、
面白いくらいヘッドスピードがあがります。

また、アーリーリリースが防げますので、
ロフトが立ち、低くて伸びるボールが打ち出せます。
結果、飛距離はさらに伸びることとなります。

トレーニング方法

締めたまま、
チューブを体幹で回して引く
というトレーニングがとてもおススメです!
4_2

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017