スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

今回は、
ドライバー飛距離アップにはフィニッシュを意識して引っ張り上げる!

です!

飛距離を伸ばしていく際に必要なのは、

スイングスピードを上げるということになります。

そのため、

ボールを叩くという意識は少しおいておきましょう☆

 

トップで作った位置からフィニッシュまでの位置

 

ここまでを一気に振りぬく!!

 

その間にボールがある

 

こういう状況、意識に変えていきます。

 

今日練習に行って思ったことは、

ヘッドスピードを上げよう、ボールを叩こう

という意識で振っているうちはヘッドスピードが全く上がらず。

 

6Iで43m/sほどなのに、

ドライバーになると45m/sと

まったくスピードが上がっておりませんでした。

意気込んで、筋肉はカチカチ状態。

フィニッシュも硬く、

しまいには、腰も痛くなる。

 

軸もないまま、マンぶりしていたのです・・・

 

冷静になってスイングを動画でみることがとても大切であります。

 

まずは脱力して軸作ること!

つま先に体重をかけすぎたり、かかとにかけすぎたりは注意してください。
スイングの軌道が崩れます。

外くるぶしの下に重心が落ちるイメージで立ってみてください。

swing4

いつも参考にしているマキロイ先生です。

アドレスに運動学的にも無理なく最高の状態です。

ダウンスイングからフィニッシュを意識する

IMG_1884
これは、ヘンリック・ステンソン選手のデータでMtracerを使用するときに参考にしています。

テイクバックはゆっくり大きく、

ダウンスイングはコンパクトにするどく、

swing2

そして、モデルは変わりますが、マキロイ先生のこの大きく雄大なフォローをみてください!!

フォローを大きく

といったものの、こうして色をつけてみてみると一目瞭然ではないでしょうか?

我々アマチュアはテイクバックからダウンスイングが大きくなりがちで、フォローが小さくなる傾向になります。

この大きいフォローが効率よくヘッドスピードを上げてくれます!

引っ張り上げるタイミングはここだ!!

swing1

アドレス
swing6

からだの軸は絶対に崩さないでくださいね!!

意外でしたでしょうか?

ここで引き上げます。
swing8

このタイミングで引っ張り上げます!!

地面を踏みつけ、

引っ張り上げますが、

注意点!!

絶対に伸び上がらないでください。

下半身は地面に働きかけ、

上半身は引っ張り上げる。

これが、先ほどの

swing2

これ!!

につながります(^^♪

フィニッシュを意識したスイングを見てみよう!

いかがでしょうか?
イメージを頭に焼き付けて、
練習してみてくださいね☆

 

明日は、キャロウェイのEPICを試打してきます(^^)/

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017