スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

 

今日は、練習場で強烈に上手な方にお会いしました!

ヘッドスピードは50m/sを超え、競技ゴルフなどもされていらっしゃるようです!

インパクト時は地鳴りがするくらい、強烈でした。

 

お会いして一言!!

「シャフト合ってないですね!!」です。

最近ボールが安定しませんで、フレックスがSではもう無理みたいでした。

貸していただいたシャフトはホンマのVIZARD YZ 65、ロフト角9度。

Sシャフトを使っていた青木としては、まるで棒ですね!!

ただ、思いっきり振りぬける。

そんなに曲がらない!!

うーん・・・

シャフトはやっぱり大事ですよ!!

 

そして、今回は、ドライバー飛距離アップにはボールを見直す!

です(^^♪

 

飛びに必要なのは、

ヘッドスピード・ミート率

打ち出し角

スピン量

であります。

先に挙げたヘッドスピード・ミート率・打ち出し角は、スイング方法、練習、ティの高さで調整できます。

スピン量の理想値は2500rpm前後であります。

これはティの高さでコントロールできる面もありますが、

ボールそのものの性能でもかなり減らすことができ、飛距離アップが期待できます。

 

ボールにはスピン系、ディスタンス系とあります。

また、ボール構造は現在1~5層と幅広くあります。

すこし特徴を見てみましょう。

 

ワンピースボール

高反発性の合成ゴムを、金型で加熱・成型したのみです。
全体が均質の構造で、スピンがかかりやすいのが特徴ですが、つぶれすぎるため距離はでません。

 

2ピースボール

高い反発力を持ったコア(核)とカバーとが一体になった2重構造(ツーピース)のゴルフボールです。
バックスピンがかかりにくいですが、ドライバーでよく飛びます!
かなり安いです!!
激安2ピースボール

3ピースボール

3ピースの特徴は、2ピースよりも比重差をコントロールしやすいことで、打感が柔らかく、スピンがもかかりやすく、比較的飛距離もでます。

2ピースと3ピースを比べた場合、外側のカバーと中間層の厚み、硬度の組み合わせにより、スピン性能と飛び性能の調整、打感の調整が可能となっています。

3piece_golftraining

4ピースボール

プロが使用するボールに多いタイプ。
スピンがかかり、飛距離も飛ぶ。

インパクト時のエネルギーの伝わり方に時間差を作ることで、落ち際の伸びを作っている。

値段も高価な物が多いです。

4piece_golftraining

5ピースボール

ウェッジでのスピン機能、ドライバーでの飛距離性能を極限まで追求したボール。
コアが3層構造であり、特にドライバーの初速性能が期待できる。

5piece_golftraining

より飛んで、止まるボールを追求した結果、構造も複雑になっていますね。

ただ、ヘッドスピードが速くても、スピン系の上級者向けを使うことで、弾道が曲がりやすくなるデメリットもあるようです。
結局のところ、曲がることで飛距離ロスも起こるので、ディスタンス系の方が良いことが多いのも確かです。

女性やヘッドスピードが遅い方は柔らかいディスタンス系の方がより飛距離が出て、打感も良いでしょう!

最近ではヘッドスピード毎に合わせたボールも売られていますね!

5ピース構造のテーラーメイドのTP5Xはどのドライバーとの相性がよく、飛距離が出やすいようです。

コアが3層構造ということで、よりエネルギー伝達がしやすいのでしょう!

 

ゴルフボール売れ筋ランキング

ヘッドスピード~40m/sの方おススメボール

ヘッドスピード45m/s~の方おススメボール

今一番飛ぶボールTP5X

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017