スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

最近は研究で少し忙しく、アップできていませんでした。

金曜日は仕事終わって、夜(24:00~1:30)中に練習に行ってみました。
ふらふらしてましたが、この金曜日の夜中練習は結構人がいて、モチベーションが上がりますね!!
そして、本日は所用で練習会を中止してしまいました、申し訳ありませんでした。
再度日程を組んでご連絡いたします!

さて、
本日はミズノオープンでしたね(^^!

結果、チャン・キムChan Kim 選手が優勝されました!
あまり名を聞かなかったこの選手。
圧倒的なのはやはり、飛距離ですね!!

久しぶりにこのビックドライブをみました。
ゴルフやるの嫌になりますね・・・

身長も体重もありますし飛ぶのは当たり前ですが、
そのスイングの安定性は素晴らしかった!!!

プロフィール

身長:188cm
体重:105kg
※ 2016年にドライビングディスタンス歴代最高の311.29ヤードを記録した。

スイングビデオ

スイング特徴

テイクバックはそれほど気になるところはなく、一般的です。
肩甲骨が柔らかく、脊柱の回旋も十分です。

ダウンスイングはトップからの切り返しで左足に体重を乗せたのち、
頭が全くぶれることなく、大きなスイングアークで振りぬいてます!

とてもシンプルでコンパクトなスイングです。
しかしながら、大きな身体で長い腕で作られたアーク
これがヘッドスピードを上げているんです!

物理的な限界があるのですが、
このチャン・キム選手のスイングは、我々にもマネできそうです!

 

しかしながら、薄目で見ていると松山英樹選手とからだの作りが似ているような気がしますね・・・

どっしりした下半身に鍛え上げられた上半身。

スイング動画が探しても全然見つからず、

またアップされていたら、ご紹介いたします!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017