スポンサードリンク

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

全米オープンすごかったですね!
チェ・ヘジン選手が優勝するのではないかとドキドキしてみていましたが、
パク・ヒョンソン選手の圧倒的な強さに感銘を受けました。

強い。

日本でも世界でも韓国の選手は本当に強いです。

プレー終盤もスイングリズムが崩れない。
フィジカルもメンタルも最高レベルだと思います。

スイングは基本的には韓国の選手は似ていますが、
パク・ヒョンソン選手は少し違いますね!

パク・ヒョンソン選手プロフィール

パク・ヒョンソンSung-Hyun Park
身長:172cm
23歳
ドライビングディンスタンス:平均250~260y

パク・ヒョンソン選手のスイング


テイクバックで右股関節の内旋
膝が外側に開かない
ダウンスイングで下肢先行の動き
お腹の近くにグリップがある
最後まで起き上がらずにボールを叩く

左下肢で突っ張る
両手を投げ出すようにフォロースルー
フォロースルーの後も胸椎の回旋が続いている
⇒求心力と遠心力のバランスが取れている

胸椎をここまで回旋させる選手はあまりいませんね!松山選手のようです。
方向性を極限まで高めるには、リストではなく、胸椎の回旋が重要なのかもしれません。
インパクトゾーンが長くなりますので!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017