スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^^)/

最近は、台風や雨でひどいコンディションですね・・・

みなさんゴルフされていますか?

青木は最近めっきりラウンドに行けておりませんで、先ほど久しぶりに練習場にいってきました!!

 

前回は打ち放題で万振りしすぎて、右手PIP関節に豆⇒かさぶたができてしまい、

フルショットするにもかなりの時間がかかってしまいました。

関節面が破けるくらいのショットはやめましょう!!

 

 

さて、今回はローリー・マキロイ選手の練習|ドライバーは365ヤード!?

 

です!

今年はケガに泣いたシーズンではありましたが、

逆にケガをしてくれてよかったです。

パワーが尋常ではないので、人間じゃないのかな?

と思ったことがあるくらいです!

 

ローリー・マキロイ選手の練習|ドライバーは365ヤード


3Wでキャリー300ヤードも飛んでいます!(^^)!
ちょっとこれはマネできないですよね・・・
ドライバーではキャリーで365ヤードも飛ばしています。

ダウンスイングのタメ、

インパクトからフォローの振りぬき、

ここをマネできると飛距離は飛躍的にあがると思います。

そのためには筋トレと柔軟性も必要ですが!

 

マキロイ選手の特徴はPGAの誰よりも

『腰の回転』

が速いです。

誰よりも速く腰を回します。

よく、どうやって速く回すのか?

といわれるのですが、

簡単に言うと、右の蹴りです。

 

右の母指球に力を入れて、飛球線方向へ蹴りつけます!!

そのタイミングで、膝を伸ばして、股関節にも力を入れる

とりあえずこの方法で速くはなるのですが、

左足でしっかりと地面を受けないと、

身体が速く開いてしまい、

プッシュアウト、スライス、嫌がってひっかけ

というようになります。

 

かなり微妙な調整が必要ですので、

タイミングの練習も欠かせません!

 

そして大切なのは、

飛ばそうと思ってテイクバックを大きくしすぎないことです。

 

右の股関節が開いて、膝が開いて、背中が反って曲がった状態になります。

 

シーソーみたいな感じですね(^^

 

なぜか?

 

振り遅れます。

そして、身体を壊します。

 

関節には動いてはいけない部分があります、

繰り返しのストレスで

負荷が蓄積して、

腰を壊します。

 

下半身はどっしり構えて、

上半身でしっかり捻転を作って、

一気に加速させる。

 

これが、

飛ばしのポイントです(^^)/

 

今回はローリー・マキロイ選手のスイングで飛ばしのポイントを確認してみました☆

タイミングの練習をぜひトライしてみてください!

 

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017