スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

久しぶりの更新となりました。
最近は雨なども降り、少し気温も落ち着きましたが、
みなさまラウンド、練習されていますか?

先日嬉しいことがありました!

脊柱管狭窄症という足がしびれたり、痛みが強くでてしまう病気を患ってしまい、

ゴルフも中止し、長らく院されていた患者様が、

8か月ぶりにゴルフに復帰されました。
調子が良かったから三日間で3Rされたとのことです!

腰痛があってゴルフができない、という方の来院はやはり多いです。
基本的な治療+適切なスイング+トレーニング
がとてつもなく重要です!

皆様もケガには注意してくださいね(^^♪

さて、今回は色々練習してみて、
選手のスイングをみていて、

はっきりしました。

ドライバーの飛距離を伸ばすために意識したいたった3つのこと

スイングはいろんなことを考えてミスを引き起こします。

たった3つで良いです!
これ以外は意識する必要ないと思います!

テイクバックは右膝が外側を向かないように絞る

matuyama1

世界も認める完璧スイングです。

テイクバックで右膝は外側に開かないように。

脊柱が捻転されているのがわかります。

右膝が開くと、骨盤が開いて、この捻転がほどけてしまいます。

ダウンスイングは頭が動かないように留める

matuyama2

賛否両論、頭は動かす?動かさない?

飛ばすには、

止めた方が良いです。(厳密には少し動きますので、運動学的には問題ないです。)

軸を意識するには、頭を止める意識が一番手っ取り早いです。

インパクトからフォロースルーは左の腹筋を締める

matuyama3

ここが一番難しいです。

最後の最後まで、左の腹筋を締めて、状態を浮き上がらないようにしてください。

浮き上がりを防止するには、先の軸+この意識がとても大切。

腹筋を締めておくことで、身体が反る(⇒浮き上がり)を止めます!

 

この3つが意識できて、再現できるようになったら、

マン振り

 

してください!

 

すっごい、飛びますよ(^^!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017