スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

JGTO2013年度のフェアウェイキープ率ランキング1~5位の選手の動画、平均飛距離等のまとめです。

JGTO2013年度のドライビングディスタンスランキング1~5位の選手の動画、平均飛距離等のまとめはこちら

フェアウェイキープ率が高いということはプロの中でも再現性が高いということです。

動画を見ながらフォームの特徴を捉えられればと思います(^O^)

1位 川村昌弘選手

平均飛距離 身長 体重
278Y 172cm 72kg


使用クラブ:タイトリスト 913D2

2位 星野英正選手

平均飛距離 身長 体重
266Y 180cm 73kg


使用クラブ:ダンロップ スリクソン Z725 ドライバー

3位 趙 珉珪選手

平均飛距離 身長 体重
265Y 170cm 72kg


使用クラブ:

4位 河野 祐輝選手

平均飛距離 身長 体重
272Y 171cm 70kg


使用クラブ:

5位 Brad KENNEDY選手

平均飛距離 身長 体重
265Y 180cm 82kg


使用クラブ:タイトリスト 913D2

※ 使用クラブは記事作成時の時のものです。変更に気づかれた方はお知らせください。

ドライブディスタンスでのランキング上位選手と異なるのは、体型がまったく違うところですね。

大柄の選手もコントロール重視で飛距離を抑えているようにも見えますね(^O^)

共通項目を探していたのですが、なかなか一つにまとまりませんでした。

敢えて言うならばテイクバック時、体幹と上肢を協調させて挙げている所でしょうか。

 

2打目をしっかり打つためには、フェアウェイキープ率の向上が欠かせませんね(^O^)

参考

JGTO部門別データ

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017