スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)
300Yを飛ばすためには、

からだを柔らかく使ったり

下半身と上半身の捻転差のタイミングの調整をしたり

と意識することはたくさんあります。

しかしながら、

やっぱり地道な筋力トレーニングも必要となってきます。

今回はTherabando®を使った上肢の筋力トレーニングを紹介します。

Theraband®

アメリカで開発された高品質ラバーのセラバンド&セラチューブは、

APTA(American Physical Therapy Association)米国理学療法士協会

の認定を受けた唯一のトレーニング・バンド&チューブです。

TVや雑誌などで話題の商品で筋力UPやシェイプUP、リハビリなど幅広く使われているものです!

トレーニングに最適な強度は?

Theraband®伸張率-力関係

            色(kg)伸張率(%)
25 0.5 0.7 0.9 1.3 1.6 2.3 3.6
50 0.8 1.2 1.4 2.1 2.9 3.9 6.3
75 1.1 1.5 1.9 2.7 3.7 5 8.2
100 1.3 1.8 2.3 3.2 4.4 6 9.8
125 1.5 2 2.6 3.7 5 6.9 11.2
150 1.8 2.2 3 4.1 5.6 7.8 12.5
175 2 2.5 3.3 4.6 6.1 8.6 13.8
200 2.2 2.7 3.6 5 6.7 9.5 15.2
225 2.4 2.9 4 5.5 7.4 10.5 16.6
250 2.6 3.2 4.4 6.1 8 11.5 18.2

伸張度と力関係をまとめた図です!

例えば、

赤色セラバンドを200%伸張させた場合にかかる力は2.7kg

ということです。

現在の自身の力の数値指標とすることができます。

下記の動画では青色セラバンドを2重にして200%ほど引っ張っているため、

約10kgの力で引いていることになります!

 

連続して10~20回できる強度

に設定してみてください(^O^)

さらに筋力をつけたい方は

なんとか10回できる強度

がオススメです!

 

Theraband®を使った練習方法

ドアノブなどにくくりつけてやるのがオススメです!

回数は

左手10~20回

右手10~20回

両手10~20回

これらを1セットとして×3セット

 

これで確実に筋力アップです!

1日1~3回

2週間もすれば10Y以上確実に飛びます!!実践済み(^O^)

コツは

1.下半身を安定させること

左足でしっかり地面を踏みつける感覚も養う

2.下半身を先行させ捻転差を生むこと

3.しっかり最後まで引き伸ばすこと

4.最後の回数まで同じリズムでやりきること
セラバンド

金色ははっきりいってゴムじゃないです。紐です。硬すぎます。

300Y以上飛ばせる方は金色でしょう!

すこしずつ力はアップしていきますが、

最初は女性は黄色から

男性は赤から

がオススメです。

長さは2Mあれば十分です(^O^)

色による強度は

黄→赤→緑→青→黒→銀→金

セラバンド

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017