スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

 

今日は練習中にふと思ったことを書いてみます。

 

練習場にはいくけども、

どれくらい練習するものなのでしょうか?

みなさんはなにを基準に練習していますか?

時間ですか、打球数ですか?

 

周りを見渡していると

50球打って帰る人もいるし

300球くらい打っている人もいます。

 

ドライバーをたくさん練習している方もいれば、

100Y以内の練習に没頭している方もいます。

 

さて、

自分は・・・?

 

青木は練習場にいくと、おおよそ150~250球あたりです。

時間でいうと1時間半~2時間半ほど・・・

 

とかく苦手分野はドライバーティショットです。

本番ではキャディさんに

『フォァー』の準備をお願いします

と言ってしまうほどです。

 

上手くなりたいがためにドライバーショットへの比率を大きくしているのも事実です。

 

いや、しかし、

これは一度統計をとってみては!?

 

ということで、直近3回分の練習上で使った番手、打球数をまとめてみました(^O^)

 

1W:20~30球

3W:10~15球

3I(21°):20球

4I(24°):10~15球

5I(27°):0球

6I(30°):30~40球

7I(34°):10~20球

8I(38°):10球

9I(42°):10球

PW(46°):10球

50°:10球

58°:20~30球

 

・・・

 

これは、

ひどい、

5Iには全く手をつけていないという事実・・・

ミドルアイアンやロングアイアンの練習が多いが、

ショートアイアンの練習をほとんどやっていなかったです!!

 

最近感じていることは、

ロングアイアンが振れれば

ショートアイアンも振れる

という迷信?

 

これは違うのではないか

 

各番手毎にシャフトの長さ、ライ角、重量が異なるわけです。

ということは手に感じる感覚も全くといっていいほど違うわけです。

スイングリズム、リストを返すタイミング

ヘッドが戻ってくる感覚的なもの

など、など

 

そのため、

各番手をきっちり練習していく必要があるのではないか?

 

最近はドライバーを買い替え、3Iを入れたため重点的に練習をしてきました。

一度各番手の比率を同じにして練習してみます!!

 

そこで閃いた点またご報告します(^O^)

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017