スポンサードリンク

 

 

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

この前久しぶりに平塚ジャンボリーで練習をしていましたら、

神奈川大学のゴルフ部学生と遭遇しました!

 

175cmくらいのスラッとした生徒さん

160cmくらいの生徒さん

 

どちらもそのへんを歩いているくらいでは、普通の人です。

これといって、筋骨隆々なわけでもありませんし。

 

~身体的特徴~

肩関節や股関節が非常に柔らかい。

なんといっても肩甲骨の動きが非常に滑らかです!

 

~運動の特徴~

テイクバックは安定しており、トップの形は非常にキレイです。

ダウンスイング~インパクト~フォロー

ここが違いました。

 

右足で蹴り出し、体重移動をしっかりと行い

左下肢で地面を押さえつけて耐える。

その後、一気にクラブを振り抜く。

 

ボールの弾道は低く、フワッと浮き上がり、地面へ落ちる。

 

こういったスイングやボールの弾道は練習場ではあまり見かけたことがありません。

プロ選手のトーナメント、ドライビングレンジで見たような光景です。

 

会話を聞いていても、毎日練習しているようですし、

スイングに迷いがなく、自信満々の印象でした!

 

我々アマチュアは、

スイングの途中の減速が目立ちます。

結局のところ、当てにいってしまっているんですよね!

 

よくよく素振りだけで上達する

 

と言われますが、

ボールを打つことで我々は結果ばかりを気にしてしまいます。

 

確かに素振りであれば、スイングの過程を気にするわけで

スイング軌道が一定であればボールも一定ということになりますね(^-^)

 

 

先にあげたお二人はボールがあってもなくても全く同じスイングをしていました。

テイクバックからフィニッシュまでの流れがスムース!!

 

それでいて、

筋骨隆々ではないですが、飛距離もドライバーで300y近く飛ばしておりました。

学生恐るべし!!

 

柔らかい関節と体重移動

からだの回転にコックのリリースやシャフト戻りのタイミング

 

さまざまな要素が噛み合って絶大なヘッドスピードと飛距離を生み出しているのだなぁ

 

と勉強になった青木でした(^O^)

 

今度またお会いできたら、

撮影依頼をさせていただきます!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017