スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です☆

国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」観ておられますか?

ちょっと異次元のゴルフをしている選手がおられますね。

Lexi Thompson[レキシー・トンプソン]選手です。

各選手のコメントを見ていても感じますが、これは一緒に回りたくない選手ですね、笑

ドライバー飛距離で50yも置いていかれています。

スイングもかなり特徴的なので注目度満載です!!

レキシー・トンプソンてどんな女性?

生年月日:1995/02/10
身長:180.0cm
Average Driving Distance 284.12(2016年5月8日現在)
* http://www.lpga.com/players/lexi-thompson/98184/stats より

12歳4カ月で「全米女子オープン」の予選会を突破。
2009年に全米女子オープン3度目の挑戦で初めて予選を通過した。
2010年6月に15歳126日でプロ転向となる。

レキシー・トンプソンスイング解析

ヘッドスピード:約45m/s
ボーryスピード:約67m/s

*マイルをm/s換算してあります。

レキシー・トンプソンスイング

 

スイングを真似しようと思っても、難しそうです・・・。

インパクトまでのダウンスイングはかなりインサイドです。

そこから一気に振りぬくのでリストがかなり強いことがわかります。

Lexi Thompson

この段階でリスト(手の甲)が正面より右を向いています。

日本人はあまりこういったリストの使い方はしておりません。

海外の風の強いコースで使うパンチショットの打ち方ですね!

 

ここからレキシー選手は左膝が伸びてきます。

こんなに伸びて、つま先だけで地面を押して、よくボールにあたるなと思いますが、

 

これは練習の賜物だと思います。

昔のタイガー・ウッズ選手のような膝の使い方ですので、膝にはあまりよろしくありませんが、

このスイングは一緒に回るにはプレッシャー半端ないですよね!!

 

先の動画にもあるように、

ルーク・ドナルド選手と同じ平均飛距離だそうです☆

 

凄すぎる!!

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017