スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

 

先日の全英女子オープン見ましたか?

帰省していましたもので、昨日やっと録画をしっかり見終えました。

タイから新たなチャンピョンが生まれましたね!

アリヤ・ジュタヌガーン選手です☆

この選手経歴がとんでもないことになっているんです。

2016年のヨコハマタイヤLPGAクラシックでLPGAツアー初勝利!

その後立て続けに連勝し、

LPGA史上において初優勝から3連勝を飾った初のプレーヤーとなったんです!

そして、今回の2016年全英女子オープンで優勝、メジャー初制覇を果たしました!

そんなことあるの?

というような経歴ですよね??

 

ということは、

スイング、メンタル、すべてが超一流ということです!

 

そんなアリヤ選手を青木なりに見てみました。

 

アリヤ・ジュタヌガーン選手のプロフィール

名前:アリヤ・ジュタヌガーン
生年月日:1995年11月23日
身長:170 cm (5 ft 7 in)
国籍:タイ

 

特徴として、

スイング、アドレスに入る時は『ニコっ』と笑うんです。

本人コメントではこれが1番落ち着くと(^-^)

素晴らしい!!

 

アリヤ・ジュタヌガーン選手のスイング

もう、なんといいますか
パワフルですよね。
なんでも普段バッグにドライバーはほとんど入れていないそうです。

ティショットもアイアンで打っていたシーンも多かったです。

スイングの振り切りは男子なみ。女性でこんなスイングみたことないです。

 
そんな彼女のデータがこちら

lpga_driving

平均ドライビングディスタンスが掲載されており、

2016年は266ヤードで13位となっていますが、
これがすべて3Wであったとすると

3Wで平均260ヤード以上なら、

ドライバーは300ヤード飛ぶこともあるということになりますね。

ダウンスイングから一気にフィニッシュまで振り抜くにはパワーが必要です。

さらに振り切った後に逆に振り戻しています。

フィル・ミケルソン選手もよく行いますよね。

これ、力ないと絶対できないです。

身長が170cmと恵まれていますが、

それ以上にパワーを感じる選手です(^-^)

 

飛距離に余裕があるのは、ゴルフにおける戦力でとても有利となります。

他のショットの難易度も落とすことができるからです!

 

しかしながら、強い。

パッティングもよく入りますし、

異次元の選手の誕生でしょうかね☆

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017