スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

2016年日本オープン優勝は松山英樹プロでしたね!
主催者は―10アンダーをイメージしてコースセッティングを組んでいたようですが、ラフが深かったり、コースやグリーンのコンディションでかなり苦戦していたようです。

その中でも、圧巻の実力で優勝したのはさすがですよね!!

松山英樹選手のスイング


芹沢プロの解説ですね!とてもわかりやすいです☆

ポイント

top-matsuyama

下半身と上半身の捻転差が大きいほどよいです!
top-matsuyama2

ダウンスイングの時に下半身先行です。これは必須となります。
top-matsuyama3

足幅と上半身の位置は変わっておりません。

ここが動くと、スライスやフックとなります。
top-matsuyama4

一番すごいのがここです。

青木も真似してみていますが、ヘッドの遠心力とからだの求心力のバランスが素晴らしいです!

ここまで大きなつり合いえをとれるのはすごいです!

トレーニング

少しでも飛距離と方向性を手に入れるために、できることは・・・

 

1.脊柱の回旋可動域を出すこと~十分なストレッチをしましょう!
2.動かせるようになったか可動域をフルに使えるようにしましょう!
3.フィニッシュまで一気に振りぬく練習をしましょう!
4.フィニッシュでは動かないようにポジションをとってみましょう!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017