スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)

みなさん、トレーニングしていますか?

だんだん暖かくなってきました。

冬の間にあまり練習にいけず、気づいたら飛距離が落ちていた・・・

なんてことになっていませんか?

 

青木は、なってます!!

ヘッドスピードこそ落ちてはいませんが、

前はもっと筋肉があったような気がします。

良い意味でいえば、ゴルフえ使う筋肉が残ったという感じです。

シャープになってきたのかな?ともいえます(^◇^)

今回は飛距離アップトレーニングにパワークリーンを選びました。

 

なぜか?

 

トレーニングの法則

突然ですが、

ダウンスイングにかかる時間知ってますか?

 

青木は0.26秒です。

ヘンリック・ステンソン選手は0.23秒だそうです。

※ M-tracerのデータ調べ

 

トレーニングの法則として、

スポーツ動作に要している時間を再現した運動が推奨される

ということです。

 

どういうことか

 

打つのに、0.26秒かかるなら

0.26秒でできるパワートレーニングが良い

 

ということです☆

0.26秒って何ができますか?

実に短い時間ですよね・・・

そのため、自分自身が何秒で振っていて、何秒に持っていきたいか

 

これに合わせてトレーニングすることが大切です。

 

実際トレーニングの種類を調べていると

推奨されるトレーニングがいくつかあります。

 

そう、それがパワークリーンです!

パワークリーン

パワークリーン2

重さとフォームが重要にはなります。

自身の体重の半分はできると良いですね!

目指せ、同じ体重です!!

スイングの速さを解析したいなら

スイング解析機器|M-tracerの使い方と口コミ

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017