スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

きちんとボディターンを意識していても、なかなかリストと同調してこないことがよくあります。

いわゆる”手打ち”の状態です。

コックがほどけたり、アーリーリリースになり球が吹き上がったり、球筋も安定しませんよね!

さらに、リストだけですと力が球に伝わらないので、飛距離も伸びません。

あくまでもリストからグリップまでをいかに固定してスイングするかどうかで、力強い球筋、安定した弾道・飛距離が出せると思います。

 

~動画|体とクラブの同調と手打ちの矯正~


スライスを直すための動画というよりは、

間違ったリストの使い方という解釈でみると非常に面白いと思います。

 

管理人はリストを意識するために、

ウォーミングアップの時にバットを左手で持ち、片手で上下にプラプラと揺らす練習をしています。

バットが垂直の状態から自然に落下させ、これ以上下げたらアイアンやドライバーでダフるという直前の位置で止めるようにしています。

何回も繰り返すことで、関節の位置をからだが覚えてくれますので、その次に素振りを始めるように意識しています(^O^)

バットを使用する理由としては、単純に”重くて長い”からです。

バットは重心がヘッドにあるため、モーメントが大きく、止めるための筋力もかなり必要となるため、トレーニングとしても効果テキメンです!

一方、ヘッドは軽いのですが3Iや4Iなどのロングアイアンですとシャフトが長くなるため、

同じくモーメントが増しリストを固定するのが難しいです!

ぜひ、

”ギリギリでリストを止める力を入れるタイミング”

を見つけてください(^O^)

回数は10回を2セットで十分効果で出てきます!

 

最終的には全部の番手で実施していくのがベストだと思っています。

各番手で打つ前に同じ動作を行うと、その番手でのリストの固定ができるようになってきます!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017