スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

ツアーストライカーproを実際に打ってみました(^O^)

ツアーストライカーを使い動画をとっていての気づきが何点か。

1.左右の足を結ぶ中心を軸として体幹回旋運動が出来ていない

下半身が左方向にスウェイすると、スイングが遅れてくるためハンドファーストとはならずにアーリーリリースとなる。

左の足(特に前足部)で地面を踏みつけ、股関節の中殿筋、大殿筋で股関節の動きを制御することが大切ですね!!

あくまでも軸回旋です!!

2.トップポジションから左上肢が下方へ下がる

トップを決めたら、振り上げてきたように戻す。

これが基本ですよね。

トップ時より左上肢が下方へ下がることでインサイドアウトとなりますね。

手首を返す位置が前方へ推移するため、シャンクや右へプッシュアウトといった現象となります。

これがいつまでたっても治らない・・・、泣

3.トップからインパクトへ向けて体幹が起き上がってきている

これは私のイメージだとソールを地面に合わせにいっているイメージです。

ウェッジなどの短いクラブになるとこのようなことは起きていないので、

長いクラブ

ライ角がアップライト

であるクラブに関しては同じような傾向となっています。

 

フォームからスイングを作って行くのか、

球筋をみながらスイングを作っていくのか、

 

悩みますね(^O^)

いつでも参考選手はルークドナルド選手!!

球筋を見ながらフォームを作るには

TOURSTRIKER:ツアーストライカー

いいかもしれません!!

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017