スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

最近ではCMなどでも積極的にライ角調整をうたっています。

 

ライ角が合っていないと球筋が安定しないためです。

 

ライ角についてまとめてみました!

 

しかしながら、同時にトウダウン現象も考えていかないと、

 

スイングを見直せば良いのか

 

クラブを見直せば良いのか

 

が分からなくなってしまいます。

 

ライ角トウダウンについて考えていきます(^^)

 

 

ライ角とは?

アイアンを基準に述べていきます。

 

ソールを地面に着いた時になすシャフトとの角度です。

アイアンは番手が大きくなるごとにライ角が大きくなっていきます。

これはシャフトが短くなることで球の位置が手前に近づくため、

アップライトにしないと球がつかまらなくなるためです。

 

ライ角が大きいとどうなるか?また小さいとどうなるのか?

ここでは、ライ角が大きいことをアップライト、小さいことをフラットといいます。

 

アップライト設定

 球がつかまりやすい→つかまりすぎると引っかけやフック軌道になります。

 

フラット設定

 球がつかまらない→スライス軌道になります。

 

どういうタイプがアップライト設定なのか?

テイクバックやダウンスイングが縦型のタイプはアップライト設定です。

タイガー・ウッズ選手などはかなりアップライトです。

また、横振りなどのレベルスイングのタイプはフラット設定です。

スイングを見ていると身長の低い選手もフラット設定です。

 

これは身長に対してシャフトが長いため、普通に構えるとヘッド先端が上がります。

 

 

ライ角はどのくらいが適切か?

ここから少しややこしくなります。

 

よく構えた時にヘッド先端に10円玉が入るくらいあいているのが調度良い

と聞きますが、

 

その根拠がわかりません。

 

構えたところに戻すのであれば、

最初からライ角はソールがしっかり地面に面している方が良いでしょう。

 

ここで考えなくてはならないのが、

 

トウダウン現象

 

です。

 

トウダウンとは?

 

シャフトとクラブヘッドにはそれぞれ重心があり、

クラブをもって上下に振ってみるとわかりますが、シャフトはしなります。

とてつもなく硬いシャフトなら別ですが、

カーボン製のシャフトなどはかなりしなりますよね?

 

この現象がスイング中にも起こります。

 

これがトウダウン現象

 

ヘッドが下がる

 

という風に言われますが、実際はシャフトがしなることで構えたライ角よりフラットに落ちてきます!

 

そのため、10円玉が入るくらいが調度良いというよりは、シャフトの硬さ、

バランスなどで全くしなる量も変わってきますので、とにかく打ち比べる他なさそうです。

 

 

トウダウンを起こせているのか?

シャフトのしなりを調節しているのではなく、手首のコックを解いて調節していないか?

 

どういうことか?

 

構えたところにスイングを戻して来れるのならば、

シャフトは絶対に下方へしなりながら戻ってくる。

 

自分から意識して、ソールを合わせに行っていないか?

ということです。

 

構えた位置でライ角がアップライトであれば、

 

無意識的に

 

手首のコックを解いて合わせる

 

体幹を起こすことで相対的な身長差を作りソールを合わせる

 

といった現象が起こるはずです。

 

トウダウン

①→②:これが通常のトウダウン現象です。

③→④:極端にシャフトが硬くないとこのような現象は不可能なのです。

⑤→⑥:トウダウンではなく、リストのコックを解いてしまって合わせている方がほとんどです。

インパクトが弱くなり力強い球が打ち出せません。

 

何をすればよいのか?

まずは自分自身のスイング軌道を作ることがポイントでしょう。

毎回違うスイングだとライ角を調整しても安定しないと考えられます。

 

ウェッジなどの重たいクラブで大きく、リストのコックを解かないようにスイングをします。

手先でコントロールできてしまうので体幹を使いながら大きくスイングです。

スイングが安定し、コックを解かずに打ち出せた球の軌道

 

これをポイントにライ角を調整していくのがベストでしょう!!

 

トウダウン現象お悩みの方

トウダウンを少なくする方法

 

・シャフトを短くする

・シャフト硬度を上げる

・ヘッドの重心距離を短くする

・ヘッドの重さを軽くする

 

ライ角調整

ゴルフ5を始めさまざまなショップで計測できます。

ハイスピードカメラなどを使用してご自身での確認もできます(^^)

 

一般のカメラだと捉え切れないですが、

CASIO EXILIM デジタルカメラ ハイスピード 1610万画素 広角24mm 光学12.5倍ズーム ホワイト EX-ZR400WE

このカメラはしっかりと確認できます(^O^)

しかし、画質が荒くはなります・・・

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017