スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^-^)

最近の話題は

いかにドライバーでスピン量を減らすか

です!

スピン量が減る

ということは、余計な回転が減るためボールが飛びます。

よって飛ばしたい方はスピン量を減らしていく必要があります!

 

スピン量を減らす方法

1.ドライバーロフト角を減らす

2.低スピン型ボールを使用する

3.ドライバーそのものを変えてみる

4.ハンドファーストに当てる

 

ハンドファーストでボールをとらえることにより、

フラットでボールを叩きにいくわけなので、おのずと打ち出し角が減り、スピン量も変化してきます。

 

しかしながら、ドライバーヘッド軌道がボールの下を通り過ぎるとバックスピンが多くなるため、

道具を変えたり、ハンドファーストに当てても、

ドライバーヘッド軌道も重要となります!

イメージ

理想的ヘッド軌道

スピン量増アッパー管理人青木は以前、スーパーアッパースイングでひどい時はボール手前50cmくらいを叩いてました・・・

対策として、

下半身を先行し、上肢はなるべくコックを保ったまま維持するようにし、

体幹の捻転を使うようにしました。

そうすることで、

ボールを叩くイメージから

押し進めるような感覚へと変化してきて、ドライバーの方向性やスピン量が減ってきました(^O^)!!

 

ハンドファーストを意識して打ってみた動画です

身長が低い管理人はドライバーやアイアンも基本横振りで、ボールが上がりにくです。

今回のハンドファーストで当てるチャレンジは、

ボールの高さが全く出ず、

次回への修正としては、

ロフト角を大きくするか

リストをボールより出さない方法を検討中です・・・

ミート時のリストの位置

ドライバーハンドファースト1

検討中のリストの位置

ドライバーハンドファースト2

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017