スポンサードリンク

こんにちは!ゴルフトレーニングラボ管理人青木です(^O^)/

今回は、韓国のI・H・ホ[ホ・インヘ]選手のドライバーショットです!

東海クラシックを見て、正直びっくりしました。

音が違う

なんというか

破壊音とでも言えば良いのでしょうか?

ビュ!!バチーーーン!!

こんな感じに聞こえました(>_<)

軽々キャリーで300yを超えていましたので、

通常再生だと何が何だかわからないくらいのスイングスピードですね(^O^)

 

身長180cmと大柄なのは飛ぶ要素にはなると思いますが、

テイクバックの幅からこれだけのヘッドスピードを出せるようには見えなませんでした。

 

なにが飛ばしの要素になっているかな?

と観察してましたら、

体幹の回旋と左上肢での捻転差がとても強いのですが、

なんといっても

右手の押し

これですね。

とてつもなく、ボールを押し込んでいます。

 

見比べるとなんとなーく、ローリー・マキロイ選手と似ているようにも見えますね・・・

左手のリード、下半身で地面を蹴り込みながら、インサイドから出しています。

肩関節は内旋をしっかり保持したままです。この肩関節内旋保持は飛ばす選手に特有な気がしています。

そして、ここからインパクトに向けて外旋が起こってきます!

ここで右の肘は十分に屈曲しており、押し込むような動きを導き出せていますね(^O^)/

 

この選手、

金髪で、博打のようなショットも平気でやる。

パットもすぐ打っちゃう。

なかなかキャラクターがおもしろいですよね(^-^)

I・H・ホ選手のドライバーショット



残念なことにスローの動画しか見つかりませんでした。

ローリー・マキロイ選手のドライバーショット


見比べてみてください

インパクト後の左肘の折りたたみはI・H・ホ選手の方が程度が大きいですが、

どことなく似ていますよね(^O^)

 

一番飛ぶドライバーはどれ?D-1グランプリ2017